受講生のコメント(一覧)

Thank you for the lesson today. Good night!
Katherine T.先生 05/30
Thank you so much.It was good to meet you.See you soon.
Lolita V.先生 05/30
Thank you for lovely conversation again, Kathryn. We talked about my new job. You encouraged me and I enjoyed it very much!!! I hope to see you soon and have a nice day.
Kathryn G.先生 05/30
We discussed about the topic of the female leaders today.And we developed the argument.I also learned vocabulary and expression. Thank you for another instructive lesson!
Mark M.先生 05/30
Today, I made a speech about medical care system in Japan. Ken corrected it into sophisticated and natural one, by using different words and expressions. His quick typing is very helpful. He always encourages me to practice English cheerfuly. Thank you for your energetic lesson. See you next time, Ken.
Kenneth R.先生 05/30
Thank you Gez! Today we had twice lessons. I really enjoyed. See you soon.
Gezelle C.先生 05/30
Thank you very much!!!I liked your lesson!!!I enjoyed your lesson!!!See you next time!!!
Fergal B.先生 05/30
Thank you for your lesson. See you soon.
Kay L.先生 05/30
Thank you,Gez.I appreciate your guidance and cooperation.I had a great and wonderful time with you.I hope continue our lessons.see you soon.
Gezelle C.先生 05/30
it seemed that my english drove her crazy
Daphne Y.先生 05/30
 
バイリンガールひとみの海外教育(生活)体験記/イメージ・バナー2


第64回:親子英会話 ( 掲載日: 2016.3.17 )


みなさんこんにちは!
少しずつ温かい日が増えてまいりました。
レッスン中に目を擦ったりくしゃみをしたり鼻をすすっている
生徒さんが増えていますが、Hay fever、本当に厄介ですね…

でも!これからは桜の季節。
花粉症で辛い方も、桜を見て癒されるといいなと願っております。

さて。
三学期も終わり、春休みに入った生徒さんも多くいる中、新学期を
迎えるにあたり英会話レッスンを始める方も多いのではないでしょうか。

わたしの受け持っている生徒さんの半数はお子様なのですが、最近
リクエストの多い "親子英会話"、以前何度か投稿させて頂きましたが、
今回からまた数回にわたり書かせていただこうと思います。

我が子とお家で英会話なんて無理!と思っていらっしゃる親御さんも
多いのではないでしょうか。

でも実は、子どもが普段使う言葉って限られているんです。

朝、昼、夜、寝る前、お家を出るとき、帰ってきたとき、遊んでいる
とき、ご飯のとき。

基本的にこのルーティンの繰り返しです。

その中にも様々な言い回しはあるものの、
ほとんどすでにご存知の言葉だけでなんとかなってしまうものなんです。

間違えて教えてしまったらどうしようと思って…とご相談して下さる
お母様もいらっしゃいますが、大丈夫です。

間違えてもいいんです。
間違えたことに気付けば、そこで修正してあげましょう。
もしかすると、お母さんも間違えるんだから間違えることは悪いこと
ではない、大丈夫だ!と安心を覚えるかもしれません。

まずは日常生活に英語を取り入れ、親子で慣れることからスタートです。

日常生活でできる事と言えば…

目に留まるものをwhat's this ?と聞いてあげる。

例えばえんぴつを手に取り

あれ、これなんて言うんだっけ?

と聞き、pencilと答えたとしますよね。

そこで会話を終えるのではなく、

Pencilで何ができるっけ?と質問してあげます。

Write a letter もできるし
Draw a picture もできるよね。

といった具合です。

日常的な事を英語に変換する作業に早いうちから慣れることによって、
初めは単語だけだったのが短い文章を作れるようになり、自由に文章を
組み立てることができるようになります。

その際、簡単な文法は修正してあげてもいいですが、細かいところは
気にしない、というのも大切です。

文法はそのうち嫌でもやらなくてはならない日がきます。

自由に、何の縛りもなく英語を話せるのは幼少期だけです。

その期間に英語に対しての壁や縛りをなくしてあげると、自然な、
生きた英語を身につけることが可能になります。

まずは目に留まったものを英単語で言うところから始めてみましょう!


次回は私がレッスンでも取り入れているフラッシュカードのパワーポイント
バージョン、そしてpicture description practice について説明させて頂きます!

私事ですが、26日までシンガポールの実家に一時帰省するので、1週間ほど
お休みを頂くことになりますが、桜が満開になっているであろう月末に
またお会いしましょう!


☆香港から親友がきたので、早めのお誕生日をお祝いしました!サプライズ
なのに彼女をトイレに無理矢理閉じ込め、なんとかセット完了…サプライズ
とは呼べないものとなりましたが笑 泣いて喜んでくれたのでよしとします!☆



<< 前の記事へ | 次の記事へ >>



エッセイ目次 ] [ TOPページ ] [ Hitomi先生のレッスン予約 ]