受講生のコメント(一覧)

Thank you very much for the interesting conversation as usual. See you next time.
Mark M.先生 11/22
Frou introduced me an interesting article, as usual. I didn't have enough time to read it, I struggled to read it in our lesson. There're some words and phrases that I don't know. I learned many words today! The topic was recycled clothing. It is made from plastic bottles. It was an interesting story. Thank you, Frou. See you.
Froulaine A.先生 11/21
I am so happy to see you again, Nix. I enjoyed talking about the last weekend events. Today, I learned ‘how to ask’ and ‘how to apology’ properly. I think they are very important expression in our life included business scene. In addition, because your instruction has always been helpful for me, I really appreciate it. Catch you soon, Nix !
Evelyn S.先生 11/21
I just enjoyed talking with her. The greatest point of her lesson is that I just don’t fell I am taking English lesson. I’m lookingforward to talking with her soon.
Meera L.先生 11/21
I've had a great time talking with you as always. Thank you for sharing my views on the article.
Dilhara P.先生 11/21
It was really comfortable talking with Meera. She is new to Eigox, but she has much experience in teaching. Her lessons would be wonderful at anytime.
Meera L.先生 11/21
Thank you for the lesson. It was lots of fun to talk with you. See you next time.
Lolita V.先生 11/21
Max and I continued the conference transcript. There are a lot of good expressions and Max explained to me how to use them. They look very common in business settings and I'm sure they all are useful. Thank you Max! I'm looking forward to our next lesson!
Mark M.先生 11/21
He is the best teacher. My son enjoyed a lesson very much and he evaluated his English skill as well.This is my first time that I did not help my son.
Nikola B.先生 11/21
It was very fun talking to you! I hope to see you soon!
Theresa E.先生 11/21
 
バイリンガールひとみの海外教育(生活)体験記/イメージ・バナー2


第55回:日本と海外のサッカー文化の違い ( 掲載日: 2015.11.12 )


みなさんこんにちは!
早いもので、残りわずかで2015年も終わってしまいますよ〜!
風邪をひいていらっしゃる生徒さんが多くなってきましたが、
気温差も激しく、場所によっては雪も降り始めている所も
あるようですので、くれぐれもお身体には気をつけてくださいね。

私は食欲の秋はもちろん、スポーツの秋も堪能しています!
以前からお話させて頂いているように、私は大のサッカー好きです。
今年もJリーグナビスコ杯決勝戦にご招待して頂き、Jリーグで
1番好きな鹿島アントラーズvsガンバ大阪の試合を観に行って
きました!



先週末は知り合いのビーチサッカー選手のBeach Soccer地域
リーグチャンピオンシップの応援へ。サッカー漬けの非常に幸せな
日々を送っております。いつもサッカーのヨーロッパリーグは欠か
さずみていますが、やはり生観戦は鳥肌ものです。



さて、生徒さんの中には海外在住の方も多数いらっしゃいます。
その生徒さん方とお住まいの国と日本の文化の違いや、感覚の
違いなどをよくお話させて頂きます。

今日は海外と日本のサッカー文化の違いを少しお話させて下さい。
そもそも日本のサッカーは歴史が浅く、海外に比べて歴史も認知度
も異なります。海外はどんな小さな地元のサッカーチームでも、
選手は地元の住民老若男女たくさんのサポーターに好かれて
いますが、Jリーグの地元の方が代表選手でなく地元のサッカー
チームの選手をどれだけ知っているのか比べてみると一目瞭然
だと思います。

近年ではサッカー人口も増えてきていますが、それは代表チームに
人気が集中しているのが現状です。日本国内では野球ファンには
なかなか勝てません。サッカーは野球やバスケなどのように点が
ポンポン入って点差が開くスポーツではないので、それがつまらない、
と感じてしまう方も多くいます。

しかし点が入りにくいからこそ応援しているチームに点が入ると興奮
しますし、その1点をとる為にチーム一丸となってゴールに運ぶ過程、
そしてその1点に重みがあるんです。最後の1秒まで何があるか
わからない、最後まで緊張感を持って試合を見る事ができるのも
サッカーの魅力の1つです。最近は日本代表が活躍すれば大いに
盛り上がるナショナリズムも関係していますよね。

私が住んでいたシンガポールではプレミアリーグ(イギリスのリーグ)が
人気でした。2015年度の統計によると、シンガポール、インドネシア、
マレーシア、中国、韓国の人気No.1クラブはイギリスのManchester United。
一時期香川真司選手が在籍していたチームです。それに対して日本の
人気No.1クラブは本田圭介選手が在籍するセリエAのAC Milan、
続いてFC Barcelona。

シンガポールでは大体Manchester United派かLiverpool派かに
別れます。試合の日はスポーツバーで試合観戦ができ、多くの現地の
方がユニフォームを着てお酒を飲みながら応援!

これはオーストラリアでも同じでした。
大体ヨーロッパリーグの試合があるのは週末なのですが、どこの
スポーツバーもサッカーファンでいっぱい。みんなお酒を片手に応援
したりブーイングしたり、大盛り上がりです。人気チームのダービーの
日には乱闘騒ぎがあったりするほど激しく盛り上がります。

日本でももっとサッカーが普及して、海外のサッカーにも興味を持って
頂けるとそれが英語学習にも繋がります!

海外の解説と日本の解説は全く違いますし、また違った楽しさを見出す
事ができるはずです。

☆今週の格言☆
I have no talent. I can’t create. I have nothing but desire
for these things. -Gattuso
自分にはサッカーの才能はない。あるのは努力の才能だけだ。

ボールがあるところにガットゥーゾがいるといわれた程の選手の
この言葉。かの有名なエジソンが残した言葉にも「天才は1%の
ひらめきと99%の努力である」とありますが、まさに努力に勝る
天才なし。

何かに挑戦して確実に報われる保証があるのならば、誰でも挑戦
する事と思います。ですが努力すれば必ずしも報われるわけでは
ありません。報われないかもしれないけれど常に情熱とモチベーション
を持ち続け、それを継続させる事こそが困難であり、それができる事
こそが才能なのではないでしょうか。何もせずにできる人が天才なの
ではなく、努力した結果できるようになった人が天才。英語も同じです。
何度も言いますが、英語に近道はありません。私も何度も挑戦と
挫折を繰り返してきました。成功している人はかならず避けて通れ
ない目標を少しずつ達成し、自信に繋げ、努力を積み重ね結果を出し
ています。私もたまには美味しいお酒を飲んでおちゃらけて息抜きして、
やっとこさ頑張っています!



皆さんも諦めずに、たまにお休みしながら、自分のペースで頑張って
行きましょう!



<< 前の記事へ | 次の記事へ >>



エッセイ目次 ] [ TOPページ ] [ Hitomi先生のレッスン予約 ]