受講生のコメント(一覧)

I read a new article about a Novel prize winner in today's lesson. There were some words I was not familiar with and Max explained those words with excellent examples. "Roll over Bob Dylan" is a strange but very interesting expression. Max, it's so kind of you to give me feedbacks with descriptions about the vocabraries I learned. They help me better understand the vocabraries and your example sentences make me laugh! I am always looking forward to reading them. I really appreciate that. See you in the next lesson!
Mark M.先生 01/19
Thank you very much for your excellent lesson. As you spoke slowly and clearly to me, I could understood what you said well. Your explanations were easy to understand, and you led the lesson smoothly as usual. I enjoyed your lesson very much. Have a nice weekend.
Vladimir K.先生 01/19
Your lesson is always fun. Thank you so much.
Dilhara P.先生 01/19
My kids always love your lesson. I'm grad that they are getting used to reading words based on phonics rules.
Chris T.先生 01/19
Thank you for the exciting lesson, as usual. I am now “regretting” that I could have used more suitable words and phrases. I’m looking forward to talking about these variety kind of topics.
Earl J.先生 01/19
I have not taken call from teacher.
Jasmin O.先生 01/19
Today we used internet text and I practiced answering phone call. Sometime my words don't come out at all. I think this is more difficult than telling my own opinion about something. It was very good practice. Thank you!
Grozdana V.先生 01/18
The internet condition was bad. But, thank you for trying your best to talk to me. Though I could not see your live video and our connection was chopped, I could talk several topics about friends. In addition, your health condition was seemed to not be good. I hope your condition including internet will get better soon.:) Thank you for making your time today. See you soon. Take care of yourself.
Evelyn S.先生 01/18
Today I asked Kathryn-sensei to help me with one English question. Her explanation was clear enough for me to understand what I had not understood. Then she explained to me some expressions used only in England. It was very interesting to talk about such expressions.
Kathryn G.先生 01/18
Today's article was not long, but it contained many important words and expressions. So it was a very good material for me. And Max explained so kindly. Thank you very much!
Mark M.先生 01/18
 
バイリンガールひとみの海外教育(生活)体験記/イメージ・バナー2


第54回:倦怠期を乗り切る方法 ( 掲載日: 2015.10.29 )

みなさんこんにちは!

秋も一段と深まり、追々寒さに向かっていますね。
朝晩は冷え込みますが、日中はまだ暑い日も多く、ついついタンクトップを
着てしまい、夕方になって慌てて上着を着込む今日この頃です。

この時期は毎年同級生と再会する事が多く、先日立て続けに中学校、
高校、大学の友人と久々に会ってきました。忘年会、同窓会、なぜか
再会するのは秋から冬にかけてのこの季節。 なぜでしょう?
気温の低下、木々は紅葉してやがて落ち葉となり、お花も虫も姿を
消します。街の雰囲気も哀愁や黄昏感が強まり、段々と1年の終わりに
向かってゆく。そんな寂しげな気持ちと共に食欲の秋は増し、古い友達と
美味しいご飯に美味しいお酒を囲んで1年を振り返りたくなるのでしょうか。
先日ふらりと甲府に足を運んだ際、一段と深まった紅葉を眺めながらふと
そんな事に思い耽っていました。



さて、食欲の秋。読書の秋。スポーツの秋。
色々ありますが、私はもっぱら食欲の秋!たくさん食べて眠くなって
ゴロゴロして…にはもってこいの季節です。ちょこっとだらけてしまったり、
やらなきゃいけない事を後回しにしてゴロゴロしてしまったり…

英語のお勉強だって、常にモチベーションマックス!というわけには
いきませんよね。

よくレッスンでご相談を受けるのが、

「最近英語の勉強意欲が沸かないんです。」
「英語の勉強サボっちゃって、焦っています。」
「どうしたら勉強続けられますか?」

大丈夫です。
誰にでも必ず倦怠期は来るものだと思いますし、アップダウンはあって当然!
ぐらいの心構えが必要です。

1日も休まずコツコツと目標に向かって英語学習をしている方、それは
素晴らしい事だと思います。
ですがなかなか語学学習をずーっと続けられる人は多くありませんよね。
継続するという事は何事においても本当に簡単なことではないです。
途中で根を上げてしまう人の方が多いぐらいなのではないでしょうか。

ちょっと英語の勉強の気分じゃないな。
あまり気が乗らないな。
集中できないな。
この間までは吸収できていたのに最近どうも英語が入って来ない。
モチベーションが落ちてしまって勉強したくない時。

そんな時は無理して勉強しないでください。
一度英語を手放しましょう。

ここで「怠けている自分はだめだ」と自分を責めないで下さい。

頑張っているから疲れるし、少し休息が必要なだけです。
本当に英語が好きな方なら、 またふとした時に勉強したいと思う時が
くるはずです。

やりたくない時は無理してやらない!
これが長続きの鉄則だと私は思っています。

もちろん、試験前にそんな事は言っていられませんが、
言語を習得するに当たっての1番の壁が「長期戦」だという事。

調子が良いときはいいですが、
言語のお勉強はそう簡単に成果がでるものではありません。

私がおすすめする長続き必勝法をいくつかご紹介します。

☆毎日少しずつ。
→無理は厳禁。

☆ながら勉強。
→お風呂に入りながらでもよし、食器洗いをしながらでもよし、掃除機を
かけながらでもよし。〜しながら時間をうまく使うと、勉強に迫られている感が
なくなっておすすめです。

☆難しすぎる教材は使わない
→今の自分に合ったレベル、あるいは今の自分より少しだけ高いレベルの
教材を選ぶようにしましょう。一歩ずつ、が大切です。

☆目標を見直す
→小さな目標でかまいません。どうして英語を勉強したいのか。今の自分と
英語の関係をクリアにし、それに必要な英語を見極め定めていきましょう。

☆勉強法は十人十色
→例えどの先生に「音読は大事ですよ」と言われても、読書が嫌いな方も
いらっしゃいます。そこで「先生が言っていたから…」と無理してやってしま
うと、後々勉強が苦痛になり、最悪英語が嫌いになってしまい英語から遠
のいてしまう。読書が嫌いでも他に英語の勉強法はたくさんあります。
ご自分に
合った勉強法に出会えるまで、色々試してみましょう!


要はメリハリです。
やりたくない時にダラダラするのと、少し休んでやる気が出たときに集中して
するのと、どちらが効率的かつ楽しんで長期戦に挑めると思いますか?

『焦らず、たゆまず、怠らず
待てば海路の日和あり。』

これに限ります!


☆大学の後輩と。シドニー以外で会うのはいまだに違和感があります。笑☆



<< 前の記事へ | 次の記事へ >>



エッセイ目次 ] [ TOPページ ] [ Hitomi先生のレッスン予約 ]