受講生のコメント(一覧)

I'm sorry,I was not able to fix my skype. But you asked me some questions and I answered in chat.It's was difficult,but fun! Thank you,and good luck!
Aldrin P.先生 04/23
It was very nice talking to you. Thank you very much.
Dilhara先生 04/23
I've had a lot of fun talking with you about a kind of "Woman's Power". Thank you for sharing my opinions.
Mark D.先生 04/23
Today we talked about SNS and recent North Korea move. She told me some popular SNS in Philippine like facebook, viber etc. She explained what kind of service viber is since I didn't know it. She also told me how long Philippine young people spend for facebook. We also talked about possibility of North Korea attack and reaction of Japanese government. I enjoyed our chatting very much. Thank you, Deth. See you.
Bernadette P.先生 04/23
This was our first lesson. We talked about programming languages and some programs that she made. It was interesting. Thank you for tell me your experiences, Joycee. See you.
Joyce先生 04/23
As usual, after Mark's reading each paragraph, I summarized it and he explained the details and check my unknow words and expressions. We sometimes discuss the contents. Finally, I read it aloud to confirm the content. I can learn a lot from this practice. Mark enthusiastically explains and teaches variety of matters that are very helpful. Thank you, Mark and see you next time!
Mark D.先生 04/23
Thank you very much for your lesson! We continued the discussion about the article which we used yesterday. We also discussed some different topics. All of them were interesting! See you next time!!!
Inger先生 04/23
We practiced for interview. She advised a lot about my answer. It was good time for me. Thanks
Joweena A.先生 04/23
It was nice to have the second lesson with you today. I really appreciate your lesson! See you tomorrow.
Joweena A.先生 04/23
聞き上手な先生で楽しくレッスンできました^^
Jasmin O.先生 04/23
 
バイリンガールひとみの海外教育(生活)体験記/イメージ・バナー2


第53回:知っておくと便利な英語の手紙の書き方 ( 掲載日: 2015.10.15 )

皆さんこんにちは。

もうすっかり秋ですね。
私は3連休、長野に旅行に行ったのですが、上高地は気温が9度!
紅葉も始まっており、一足先に秋を堪能して参りました。
美味しいご飯に美味しいお酒に美味しい空気、紅葉の美しさに触れ
ながらのんびりと温泉につかる。日本人でよかった、と思える瞬間でした。



夜は空一面に広がる星空。
天の川や流れ星まで見ることができて、オーストラリアを思い出しました。
オーストラリアでも少し市街から離れるとすごく綺麗な星空が見えるんです。
メルボルンのGippslandというド田舎に住んでいた頃(笑)現地の方ですら
「あそこは人間の住む所ではない」というぐらい何もない所だったのですが、
何もないからこその特典がたくさんありました。野生のカンガルーやコアラが
目の前を通ったり、毎日天の川と流れ星を眺めながらお外でごはんを食べたり。

昔家族でパースに旅行に行った際、ファームステイをした時もやはり星空が
きれいでした。

ファームステイと言えば、私がオーストラリアの大学に行きたいと思うように
なったきっかけを作ってくれた場所です。本当に素敵なご家族で、まだ英語が
堪能でない私にも親身になって話しかけてくれ、シンガポールに帰ってからも
しばらくお手紙を書いていました。

当時はお手紙の書き方なんてなにも知らず、ただ拙い英語で気持ちを伝えて
いました。それはそれですごく素敵な事だし、いい思い出です。

さて皆さん!
普段はメールが多いこのご時世、せっかくならきちんとした英語のお手紙の
書き方を覚えてみるのはいかがでしょう!

今日はフォーマットと知っておくと便利な例文をご紹介します。



住所:
番地➡居住番号➡町村名➡〜丁目
郡市区名➡都道府県➡郵便番号
国名

日付:
①アメリカ式
月/日/年
October 14, 2015

②イギリス式
日/月/年
14 October 2015

敬辞:
①フォーマル
Dear Sir / Madam
②一般
Dear Mr.~ / Mrs.~ / Ms.~ / Miss.~
③親しい間柄
Dear 氏名, / Hi 名前、
④宛名/性別が分からない場合
To Whom It May Concern,

結辞:
①フォーマル
Yours sincerely, /Best regards, / Kind regards,
②一般
Sincerely, / Yours always
③親しい間柄
Love, / With love and kisses, / Best wishes, / Regards, / Yours, / Bye,

これを先程のフォーマットに当てはめて、本文を書いて完成です。
本文の導入は日本語と同じで、簡単なご挨拶で始めるのが主流です。
例えば…

How have you been?
I haven’t seen you for a long time.
Hope all is well with you.
Hope you (and your family) are doing well.


など、相手の状況を尋ねる、あるいは自分の状況を話すと良いでしょう。
少しフォーマルになると、

I hope this letter finds you well.
I hope you’re doing well.
I’m writing in regard to ~.


締めくくりに便利な表現の例は…

Looking forward to hearing from you soon.
Hope to see you soon.
Keep in touch.
Hope you’ll have a wonderful holiday.


などなど、これはほんの一例ですが、いくつか定型文を覚えておくと便利です!

ぜひ海外にお友達がいらっしゃる方は、お手紙書いてみて下さいね(*^^*)

☆今週の格言☆
I like to be a free spirit. Some don’t like that, but that’s the way I am.
– Diana, Princess of Wales

私は自由な精神でいたい。私のそんな所を嫌う人もいるけれど、でもそれが
私という人間なの。- ダイアナ妃

波瀾万丈な人生を送ったダイアナ妃の気高い精神を感じる言葉です。
周りに嫌われても自分の信念を曲げず、己を貫き通す。
それが自分だから。
自由という言葉の定義は難しいですが、非常に重みを感じる言葉です。
なかなかこんなに強い意志を持って人生を全うできる人はいないのでは
ないでしょうか。

最近立て続けに怪我をして不自由な生活を送っていた時、
ふと「自由」という言葉から 、ダイアナ妃のこの名言を思い出しました。
自由な精神で「私は私」、自分がどうしたいのか、どう生きたいのか、
軸をぶらさず、彼女のようにかっこよく人生を全うしたいですね。


<< 前の記事へ | 次の記事へ >>



エッセイ目次 ] [ TOPページ ] [ Hitomi先生のレッスン予約 ]