受講生のコメント(一覧)

I'm sorry,I was not able to fix my skype. But you asked me some questions and I answered in chat.It's was difficult,but fun! Thank you,and good luck!
Aldrin P.先生 04/23
It was very nice talking to you. Thank you very much.
Dilhara先生 04/23
I've had a lot of fun talking with you about a kind of "Woman's Power". Thank you for sharing my opinions.
Mark D.先生 04/23
Today we talked about SNS and recent North Korea move. She told me some popular SNS in Philippine like facebook, viber etc. She explained what kind of service viber is since I didn't know it. She also told me how long Philippine young people spend for facebook. We also talked about possibility of North Korea attack and reaction of Japanese government. I enjoyed our chatting very much. Thank you, Deth. See you.
Bernadette P.先生 04/23
This was our first lesson. We talked about programming languages and some programs that she made. It was interesting. Thank you for tell me your experiences, Joycee. See you.
Joyce先生 04/23
As usual, after Mark's reading each paragraph, I summarized it and he explained the details and check my unknow words and expressions. We sometimes discuss the contents. Finally, I read it aloud to confirm the content. I can learn a lot from this practice. Mark enthusiastically explains and teaches variety of matters that are very helpful. Thank you, Mark and see you next time!
Mark D.先生 04/23
Thank you very much for your lesson! We continued the discussion about the article which we used yesterday. We also discussed some different topics. All of them were interesting! See you next time!!!
Inger先生 04/23
We practiced for interview. She advised a lot about my answer. It was good time for me. Thanks
Joweena A.先生 04/23
It was nice to have the second lesson with you today. I really appreciate your lesson! See you tomorrow.
Joweena A.先生 04/23
聞き上手な先生で楽しくレッスンできました^^
Jasmin O.先生 04/23
 
バイリンガールひとみの海外教育(生活)体験記/イメージ・バナー2


第49回: 終戦記念日−The Anniversary of the End of the War ( 掲載日: 2015.8.19 )

みなさんこんにちは!
あまりお天気もよろしくなく、低気圧が続いていますが体調は崩されていませんか?

夏休み、お盆休み、夏祭り、花火大会。
イベント盛りだくさんな8月ですが、エンジョイできていますでしょうか。

私は先日Mr.Childrenのライブに行ってきました!
人生で一度は行きたいライブの1つだったのですが、
「圧巻」としか言い様がないほど、終始鳥肌終始号泣のライブでございました。

ボーカルの桜井さんの世界感。
あんなに優しい笑顔で朗らかな印象なのに、
歌っている曲の痛烈なまでのメッセージ性と力強さ。

今まで行ったライブは終了後「あー楽しかった!すっきりした!」と爽快感が残るものばかり
だったのですが、今回のライブは充実感、幸福感、そして虚無感が残りました。

それはなぜか。

今年日本は戦後70年の節目の年です。

−終戦記念日−
The memorial day for the end of the war.
The anniversary of the end of the war.

今回のMr.Childrenのライブ「未完」は「戦争」「愛」という物を深く考えさせられる、
強いメッセージ性を持ったライブだったのではないかと思います。

ミュージシャンでライブ中に戦争に対して自分の意見を述べる方も少なくありませんが、
桜井さんは「政治的な発言はしない。評価されるのは音楽であって自分自身ではない」
という考えの基、この手の主張は表明しません。

音楽至上主義者である彼らしく 、音楽を通して、映像を通して、演出を通して表現されています。

サラッと聴き流すと日常を歌っているような曲でも、じっくり聴くと奥行きのある深いメッセージが
込められています。

戦争とは何か。
愛とは何か。

人間が繰り返してきた戦争に対する警鐘。

そして、常に見据えているのは「次世代 –Next Generation−」のこと。

歯車が狂い出している現代で、次の世代はどうなってしまうのか。
未来の子どもたちが平和に暮らすために今私たちができることは何なのか。

悲しい過去は風化されてはなりません。
太平洋戦争のフィリピン戦線を舞台とした作品「野火」の作者、大岡昇平は次のような言葉を残しています。

「戦争を知らない人間は、半分は子どもである。」

この文学作品は、私が高校生の時に学校で読み、論文を書いた作品でもあります。
肺病のため部隊を追われた主人公が、一人孤独と戦いながら生き延びてゆく過程において精神的、
肉体的に狂人と化してゆく彼の姿が綴られており、戦争における恐怖、孤独感、絶望感、極限状態に
追い込まれた人間の行動と心理、追いつめられた生死の捉え方、そして道徳の限界が描かれています。

人間は自分が生き永らえるためならインモラルなこともやってしまう、だけどそれを成してしまった後の
精神的な苦しみはとてつもないものであるということが述べられている、非常にリアルかつ今後戦争を
知らない子ども達が読むべき作品だと思います。

人間が犯した悲惨な過ちを決して忘れず、後世に伝え、同じような悲劇が二度と繰り返されぬよう。

戦争のない平和な未来を。

優しさに溢れた未来を。


Never think that war, no matter how necessary, nor how justified, is not a crime. – Hemingway
いかに必要であろうと、いかに正当化できようとも、戦争が犯罪だということを忘れてはいけない。


There is no path to peace. Peace is the path. – Mahatma Gandhi
平和への道はない。平和こそが道なのだ。

戦争で犠牲にあった全ての方々のご冥福をお祈り申し上げます。


☆Mr.Childrenのライブにて幼馴染みと。最高に幸せな時間でした!☆



<< 前の記事へ | 次の記事へ >>



エッセイ目次 ] [ TOPページ ] [ Hitomi先生のレッスン予約 ]