受講生のコメント(一覧)

I read a new article about a Novel prize winner in today's lesson. There were some words I was not familiar with and Max explained those words with excellent examples. "Roll over Bob Dylan" is a strange but very interesting expression. Max, it's so kind of you to give me feedbacks with descriptions about the vocabraries I learned. They help me better understand the vocabraries and your example sentences make me laugh! I am always looking forward to reading them. I really appreciate that. See you in the next lesson!
Mark M.先生 01/19
Thank you very much for your excellent lesson. As you spoke slowly and clearly to me, I could understood what you said well. Your explanations were easy to understand, and you led the lesson smoothly as usual. I enjoyed your lesson very much. Have a nice weekend.
Vladimir K.先生 01/19
Your lesson is always fun. Thank you so much.
Dilhara P.先生 01/19
My kids always love your lesson. I'm grad that they are getting used to reading words based on phonics rules.
Chris T.先生 01/19
Thank you for the exciting lesson, as usual. I am now “regretting” that I could have used more suitable words and phrases. I’m looking forward to talking about these variety kind of topics.
Earl J.先生 01/19
I have not taken call from teacher.
Jasmin O.先生 01/19
Today we used internet text and I practiced answering phone call. Sometime my words don't come out at all. I think this is more difficult than telling my own opinion about something. It was very good practice. Thank you!
Grozdana V.先生 01/18
The internet condition was bad. But, thank you for trying your best to talk to me. Though I could not see your live video and our connection was chopped, I could talk several topics about friends. In addition, your health condition was seemed to not be good. I hope your condition including internet will get better soon.:) Thank you for making your time today. See you soon. Take care of yourself.
Evelyn S.先生 01/18
Today I asked Kathryn-sensei to help me with one English question. Her explanation was clear enough for me to understand what I had not understood. Then she explained to me some expressions used only in England. It was very interesting to talk about such expressions.
Kathryn G.先生 01/18
Today's article was not long, but it contained many important words and expressions. So it was a very good material for me. And Max explained so kindly. Thank you very much!
Mark M.先生 01/18
 
バイリンガールひとみの海外教育(生活)体験記/イメージ・バナー2


第45回: 知っておくと便利な単語集 - サッカー編Ⅱ
  ( 掲載日: 2015.5.27 )


こんにちは!
皆さんお気づきでしたか?
あと3日もすれば6月だと言う事を…笑

エッセイを隔週で書かせて頂くようになってから、より一層時間の早さに
驚かされるようになりました。

シンガポール育ちなのに私の苦手な夏がやってきて気分がどんよりして
おります。笑
シンガポールにいたから暑いの我慢できるでしょ? とよく言われるのですが、
違うんです! あまり理解されないのですが(笑)
シンガポールに住んでいた時は「シンガポールだから暑いのも湿気がある
のもしょうがない」とある程度諦められていました。それが日本だと、
どうも許せない! 四季があるから余計そう感じるのでしょうか、何であんな
過ごしやすい秋と春があるのに夏はこんなジメジメしているの?!
となってしまうんです。笑

なんて言いながら夏もがっつり楽しめちゃうんですけどね。
皆さんも水分補給と日焼け止めはお忘れなく☆

そういえば先日、人生二度目のマジックバーに行って参りました。
二度目だから絶対何かタネを見つけてやろう!と意気込んで行ったものの、
見事な騙されっぷり。笑
ついでに何度かボケをかまして「マジシャン潰し」とまで言われてしまいました。笑

海外でもマジックは人気で、大道芸でやっている方も大勢いらっしゃいますし
、パーティーの際エンターテイナーとしてお呼ばれされる事もあります。
日本と海外のマジックの違いは、強いて言えばマジシャン側のリアクションなの
ではないかと思われます。海外は動作も表情もすごくオーバーに表現する事が
多い傾向にあり、逆に日本はポーカーフェイスでさらりとやってのける。
こんな所にも文化の違いが表れているんですね。

日常の細々したところで文化の違いを発見できると、新しい世界を知れたような
気持ちになるのと同時に、自国の文化を再発見できてすごく嬉しくなります。

さて、前回に引き続きサッカー用語を英語で学んでみましょうのコーナーです!
本日は試合中に使える簡単な言葉をいくつかご紹介します。

 コイントス  Head or tails?
 パスして!  Pass!
 こっち!  Here!
 ドリブルで行け!  Dribble, dribble!
 あがれ!  Push! / Go forward!
 ナイスパス!  Nice pass!
 僕のボールだ!  My ball!
 僕がとる!/クリア!  I got it! / Leave it! / Get it out!
 僕に任せて。  My ball. / I’ll do it.
 あげろ!(センタリング)  Cross! / Put it in!
 シュート打て!  Shoot it! / Hit it! / Get a shot!
 ナイスシュート!  Great shot!
 いいね!  Awesome! / Great!
 惜しい!  Almost! / Close!
 負けるな!(ついていけ)  Chase! / Stick with it!
 相手がきている!  Man on! / Behind you!
 サイドを変えろ!  Switch! / Switch (Change) the side! / The other side!
 マークしろ!  Stay! / Set up! / Watch him! / Mark him!
 彼はフリーだ!  He’s Free!
 戻れ!(後ろにボールを戻す)  Go home! / Come back! / Get back!/ Start again!
 ハンド!  Handball!
 オフサイド!  Offside!
 彼が僕を倒した。  He tripped me.
 残り?分  ?minutes to go! / ?minutes left!
 ロスタイム  Additional time

※ これはプレイヤー目線であって、解説用語とはまた違うのでご了承ください。

これからももっともっと、サッカー少年少女が増えてほしいです。
そしてサッカーを英語で語りたいという方! お待ちしております。笑

今週の格言

Only those who have the courage to take a penalty miss them. - Roberto Baggio.

PKを外すことができるのは、PKを蹴る勇気がある者だけだ。

私が尊敬するサッカー選手の1人、ロベルト・バッジョの言葉です。
1994年アメリカワールドカップの決勝、ブラジルvsイタリア。
当時のイタリアのエースであったバッジョがPKを外し、ブラジルが優勝しました。
そしてその4年後の1998年フランスワールドカップでルイジ・ディ・ビアッジョが
PKを外した際にバッジョが残した言葉です。

PKを蹴らなければ当然外す体験をせずに済みます。
それが大舞台であればあるほど緊張感、重圧、そして重責との戦いとなります。
その戦いに挑んだ末に外した選手に対して責める事はできないという意味でも
ありますが、失敗とは挑戦する勇気を持てた人だけが語れる資格を持っている
という事なのではないでしょうか。

数々のファンタジスタは失敗を恐れない事の重要さを深く理解しています。
誰よりも多くシュートを打ち=誰よりも挑戦し、
誰よりもシュートを外し=誰よりも失敗し、
誰よりもシュートを決めてきた=誰よりも成功してきた。

つまり、失敗を恐れず、挑戦し続けられる人だけが成功を勝ち取れるという事。
私はこの言葉に何度も背中を押されてきました。


☆マジックバーで。気づいたら腕にトランプシールが貼られており、
気づいたら名前を書いて渡したトランプがペットボトルの中に…不思議です。笑☆



<< 前の記事へ | 次の記事へ >>



エッセイ目次 ] [ TOPページ ] [ Hitomi先生のレッスン予約 ]