受講生のコメント(一覧)

It was so intereting and useful lesson today! Thank you very much!
Carmela N.先生 07/25
Thank you!!!!
Ferdinand N.先生 07/25
Thank you for the lesson today. It was our first lesson. And we had a good review and practice. Your lesson was fun! See you next time:D
Ashley W.先生 07/25
Thank you sooooo much for your class today ! I really enjoyed it. I asked him to correct my CV writing today, which may not sound too exciting, but actually I had really a good time throughout the class. Most of the time was spent on the correction, but I was still able to feel his nice and warm personality which made me feel so secure and comfortable. Thank you very much again for your class, I am looking forward to seeing you again.
Robert A.先生 07/25
Roseli is one of our favorite teachers. I like the way she teaches English to my sons. Clear pronunciation, detailed explanation, easy to understand for kids, encourageing them all the time. I do appreciate your all works and we'll see you tomorrow!
Roseli I.先生 07/25
I have enjoyed our conversation as usual. Thank you very much.
Mark M.先生 07/25
とても有意義なレッスンでした。回線がやや不安定で、音声が途切れることがありました。
John A.先生 07/25
I could enjoy his lesson. think very good teacher!
Gabriel L.先生 07/24
Thank you very much for point out about article. I am going to practice it. Impromptu conversations with him were so productive that I learnt a lot.
John K.先生 07/24
Thank you. I really enjoyed your class.
Maverick B.先生 07/24
 
バイリンガールひとみの海外教育(生活)体験記/イメージ・バナー2


第39回:
知っておくと便利なフレーズ集 - 自分が体調不良の時  ( 掲載日: 2015.3.4 )


How’s life been treating you everyone?

私自身のお引っ越し、弟の神戸へのお引っ越し、それに合わせて母が一時帰国と、
てんやわんやしている間に2月が終わって気付けばもう3月。

春の足音が聞こえてきます。

今月の頭にはシンガポールの高校時代仲良しだった香港の友人が日本に遊びにきてくれました。
彼女は以前私がシドニーに住んでいた頃にも遊びにきてくれていたので 、それ以来の再会となりました。
何年たっても変わらない空気感に安堵し、改めて学生時代の友人は大切なのだなと実感した次第です。
海外のインターナショナルスクールに通うといずれ離れ離れになるのが宿命であり、それをプラスと
捉えるかマイナスと捉えるかは人それぞれですが、実際別れは何度経験しても慣れませんが、
長い目で見てみると世界各国に友人がいて、色んな場所で再会できて大人になって新しい思い出を
刻めるという事は本当に貴重で有難い事なんだなと、しみじみ思います。

ちなみに、私が海外の友人が東京に遊びにくる際おすすめするスポットは以下です!

①築地 – 紀之重(老舗のお寿司屋さん。その日にとれた新鮮なお寿司をおまかせで握ってくれます。)

②焼肉(牛角は海外にも進出しているので、コスパ的におすすめするのはトラジ。 ホルモンのお刺身など、
海外ではあまり食べる事のない物をピックしてあげると喜ばれます。)

③馬肉 – 新橋ボブリー(コスパもよく店員さんの雰囲気も非常によくて、日本らしい雰囲気を楽しみながら
馬肉を堪能できるお店。)

④六本木/銀座(お酒好きにはとりあえずここ界隈のバーをいくつか紹介します。笑)

⑤渋谷/新宿/原宿/銀座(ショッピング)

⑥浅草➡スカイツリー(仲店➡浅草寺➡スカイツリー。昔ながらの日本を堪能しつつ新しい日本の象徴も忘れずに。)

宗教の事も考慮すると簡単に神社やお寺をおすすめすることは難しいので、基本的に「食」のおすすめが多くなって
しまいますが(笑)やはり海外の方は日本食に興味津々です。
香港の友人を馬肉のお店に連れて行った時も、香港では食べられないから冷凍して持って帰りたい!
と言っていたほど満足してくれました☆


さて、前回は知っておくと便利な病名/症状の単語を紹介させて頂きました。
今回はフレーズを!
単語だけ知っていても使い方、つまり文章の構成の仕方が分からないと意味がないので、フレーズで覚える事を
おすすめします。(もちろん緊急時は単語だけでもOK)

☆知っておくと便利なフレーズ – 自分が体調不良の時☆

近所に病院はありますか?
Could you tell me if there is a hospital nearby?
Is there a hospital near/around here?

近くに薬局はありますか?
Could you tell me if there is a drugstore / pharmacy nearby?
Is there a drugstore / pharmacy near/around here?

お医者さんに診て頂きたいです。
I’d like to see a doctor.

私を病院に連れて行って下さい。
Please take me to the hospital.

お医者さんを呼んでもらえますか?
Would you please call a doctor?

救急車を呼んでもらえますか?
Would you please call an ambulance?

薬を頂けますか?
Could you please give me some medicine?

○アレルギーです。
I have an allergy to ○.
I’m allergic to ○.

気分が悪いです。
I feel sick.

食欲がありません。
I have no appetite.
I don’t have any appetite.

吐き気がします。
I feel like vomiting.

吐きました。
I vomited.
I threw up.

寒気がします。
I feel chilly.

目眩がします。
I feel dizzy.

熱があります。
I have a fever.

風邪を引きました。
I have a cold.

鼻水が止まりません。
I have a running nose.

咳が止まりません。
I can’t stop coughing.

頭/お腹/喉が痛いです。
I have a headache / stomachache / sore throat.

○が痛いです。
I have a pain in my ○.

ここが痛いです(指差しながら)。
I have a pain here.

お腹をくだしています。
I have diarrhea.

○を切って血が止まりません。
I cut ○ and it won’t stop bleeding.

発疹がでました。
I have a rash.

自分では動けません。
I can’t move by myself.


☆ 今週の格言☆

Everything is practice. – Pele
全ては練習の中にある。–ペレ

ブラジルの元サッカー選手であり、サッカーの王様と称された偉大なる選手の名言です。

英語ももちろん、全てにおいて練習の積み重ねは大切です。
単純な事を淡々とひたすら繰り返す。
全ての成否は練習次第と言う事です。
頑張れば報われる、夢は必ず叶う、という人もいますが、
何もせずに報われる人はいません。
報われる人は必ず報われるに値する努力をしています。
非常に短くシンプルな言葉ですが、国を背負って頂点に立ったペレだからこそ言える重みのある言葉なのでしょうね。
Keep practicing, everyone!


☆香港からの友人と。お肉をツマミにお喋りに夢中。笑☆



<< 前の記事へ | 次の記事へ >>



エッセイ目次 ] [ TOPページ ] [ Hitomi先生のレッスン予約 ]