受講生のコメント(一覧)

I read a new article about a Novel prize winner in today's lesson. There were some words I was not familiar with and Max explained those words with excellent examples. "Roll over Bob Dylan" is a strange but very interesting expression. Max, it's so kind of you to give me feedbacks with descriptions about the vocabraries I learned. They help me better understand the vocabraries and your example sentences make me laugh! I am always looking forward to reading them. I really appreciate that. See you in the next lesson!
Mark M.先生 01/19
Thank you very much for your excellent lesson. As you spoke slowly and clearly to me, I could understood what you said well. Your explanations were easy to understand, and you led the lesson smoothly as usual. I enjoyed your lesson very much. Have a nice weekend.
Vladimir K.先生 01/19
Your lesson is always fun. Thank you so much.
Dilhara P.先生 01/19
My kids always love your lesson. I'm grad that they are getting used to reading words based on phonics rules.
Chris T.先生 01/19
Thank you for the exciting lesson, as usual. I am now “regretting” that I could have used more suitable words and phrases. I’m looking forward to talking about these variety kind of topics.
Earl J.先生 01/19
I have not taken call from teacher.
Jasmin O.先生 01/19
Today we used internet text and I practiced answering phone call. Sometime my words don't come out at all. I think this is more difficult than telling my own opinion about something. It was very good practice. Thank you!
Grozdana V.先生 01/18
The internet condition was bad. But, thank you for trying your best to talk to me. Though I could not see your live video and our connection was chopped, I could talk several topics about friends. In addition, your health condition was seemed to not be good. I hope your condition including internet will get better soon.:) Thank you for making your time today. See you soon. Take care of yourself.
Evelyn S.先生 01/18
Today I asked Kathryn-sensei to help me with one English question. Her explanation was clear enough for me to understand what I had not understood. Then she explained to me some expressions used only in England. It was very interesting to talk about such expressions.
Kathryn G.先生 01/18
Today's article was not long, but it contained many important words and expressions. So it was a very good material for me. And Max explained so kindly. Thank you very much!
Mark M.先生 01/18
 
バイリンガールひとみの海外教育(生活)体験記/イメージ・バナー2


第31回: 発音練習法 (5) 
 ( 掲載日: 2014.11.12 )

日足がめっきり短くなり、寒さも日に日に増してきましたが皆様いかがお過ごしですか?
気付けばもう11月。クリスマスソングがあちらこちら聞こえてくるようになりました。
秋から冬にかけての雰囲気ってわくわくしますね♪

先日1人の生徒さんとお話をさせて頂いていて気付いたのですが、どうやら私の身体は
まだ日本の冬に順応できていないようで、体温調整がしづらいみたいなのです。笑
すでにホッカイロを多用していると言ったら驚かれてしまいました。笑

それもそう、私、「重ね着」の仕方がよく分からないんです。
シンガポールが1年中夏だったので、冬服いらずで冬服の着方が分からないというのも
あるのですが、何をどういう順番で重ね着するのか分からず、自分では厚着している
つもりでも周囲には薄着と言われてしまう事が多々有ります。

実はこの「重ね着」、外国の方からよく指摘される日本人の特徴の1つなんです。
例えばTシャツ×ロングTシャツ、スカートや短パンの下にレギンス、タンクトップ2枚重ねの
上にポロシャツなどなど…海外ではあまり見かけないファッションを多く目にします。

それに比べて海外は至ってシンプル。
冬ですら長袖+カーディガン+ダウンジャケットのみと、実用的。
夏にTシャツやタンクトップを重ね着するような事は滅多にありません。

海外に住む日本人が日本の文化を取り入れて重ね着をしていると、現地の人には
不思議がられてしまうんです。

体感の差もあるのでしょうが、日本人は比較的身体のラインを隠すファッションが多く、
海外の方は逆に見せるファッションが多いように感じます。

また、海外にはクリスチャンが多く、「身体は神様から与えられた賜物」、という認識があるようで、
どんな体系をしていようが自分の身体に自信を持っている方が多く、それを隠す必要がない、
むしろ誇らしく思うべきだ、という意見が多いとの事。
こんな所にも文化の特色が現れてくるんですね。

さて! 今週の発音は、S と Sh。

さっそくいくつか単語を見てみましょう。

①See / She
②Same / Shame
③Sit / Shit
④Seat / Sheet

この S と Sh の発音、きちんと使い分けられているでしょうか。

この2つも発音を間違えてしまうだけで全く別の意味になってしまい、特に上記③のように
「座って」と言ったつもりが「くそ !」という罵倒語に聞こえてしまうこともあるので注意が必要です。

そしてここでももちろん、舌の付け位置と空気の出し方がポイントとなってきます。

☆Sの発音☆
See / Sea / Same / Sit / Seat

これらの発音はアルファベット「C」の音と同じです。
上下前歯をほぼ合わせた状態にし、舌は上下前歯の境目につけてください。
そしてその隙間から鋭く息を吹き出しながら「スィー」と言ってみて下さい。
摩擦音がするはずです。それが正しい「S」の発音です。

☆Shの発音☆
She / Shame / Share / Sheet / Shell

これらの発音は、舌の先端は上あごには触れず、舌の両脇を上の奥歯にあてます。
そのまま「シー」と発音してみてください。
左右の歯の隙間から音が出ませんか?それが「Sh」の発音です。



ここでワンポイントアドバイス。
鮭って、「さけ」とも「しゃけ」とも読みますよね?

さけ しゃけ

Sake Shake

これです! 「さけ」がS、「しゃけ」がSh。
つまり、S はサ行、Sh はシャ行、という事になります。
(*Sの「し」は「すぃ」と発音してください。ABCのCです。)

どの発音においても言える事ですが、その人その人の口や顎の形、あるいは顎の可動域によって
発音しにくいものもあります。
そんな方でも口の動きや舌の位置を正確に把握すれば、それが自分に合わなければ正しい発音に
近い発音法、自分がやりやすい発音法を見つけて行く事が可能となります。

その練習法の1つとして、私もよくレッスンで使用するのが”Tongue Twister”、いわゆる「早口言葉」です。

英語の早口言葉、実は発音の練習にはもってこいな教材なんですよ !

例えば日本語の「隣の客はよく柿食う客だ」
この早口言葉を言おうとすると「か」と「きゃ」でつっかかりますよね。笑

これと同じで、英語にも発音しにくい似た発音のペアを使った早口言葉がたくさんあるんです。

もちろん早口で言う必要は全くありません。
ゆっくり、つっかえずに、1つ1つの単語をきちんと発音できるようになることが目的です。

よく「この早口言葉の意味はなんですか?」と聞かれますが、特に意味のない単語の羅列なので、
あまり深く考える必要はありません。笑

何度も言いますが、英語の発音は口の形&動き、舌の位置&動き、そして音の長短が重要視されます。

早口言葉で自分の苦手な発音を重点的に練習する事が発音の改善に繋がるのではないでしょうか。

では最後に、今日の発音「S」と「Sh」の有名な早口言葉を1つご紹介します。
練習してみてください !

She sells seashells by the seashore.
The shells she sells are surely seashells.
So if she sells shells on the seashore,
I’m sure she sells seashore shells.

<日本語訳>
彼女は海岸で貝殻を売っている
彼女が売っている貝殻はきっと海の貝殻だ
だからもし彼女が海岸で貝殻を売っているなら
貝殻はきっとその海岸の貝殻だ

この早口言葉は比較的意味が理解しやすいものですが、全く理解不能な内容の早口言葉もあって
おもしろいので、ぜひ色々見てみてくださいね♪


☆先日ご招待して頂いたナビスコカップ決勝。
久々のサッカー生観戦でリフレッシュできました! ただこの時期の生観戦は寒い! 笑☆



<< 前の記事へ | 次の記事へ >>



エッセイ目次 ] [ TOPページ ] [ Hitomi先生のレッスン予約 ]