受講生のコメント(一覧)

I read a new article about a Novel prize winner in today's lesson. There were some words I was not familiar with and Max explained those words with excellent examples. "Roll over Bob Dylan" is a strange but very interesting expression. Max, it's so kind of you to give me feedbacks with descriptions about the vocabraries I learned. They help me better understand the vocabraries and your example sentences make me laugh! I am always looking forward to reading them. I really appreciate that. See you in the next lesson!
Mark M.先生 01/19
Thank you very much for your excellent lesson. As you spoke slowly and clearly to me, I could understood what you said well. Your explanations were easy to understand, and you led the lesson smoothly as usual. I enjoyed your lesson very much. Have a nice weekend.
Vladimir K.先生 01/19
Your lesson is always fun. Thank you so much.
Dilhara P.先生 01/19
My kids always love your lesson. I'm grad that they are getting used to reading words based on phonics rules.
Chris T.先生 01/19
Thank you for the exciting lesson, as usual. I am now “regretting” that I could have used more suitable words and phrases. I’m looking forward to talking about these variety kind of topics.
Earl J.先生 01/19
I have not taken call from teacher.
Jasmin O.先生 01/19
Today we used internet text and I practiced answering phone call. Sometime my words don't come out at all. I think this is more difficult than telling my own opinion about something. It was very good practice. Thank you!
Grozdana V.先生 01/18
The internet condition was bad. But, thank you for trying your best to talk to me. Though I could not see your live video and our connection was chopped, I could talk several topics about friends. In addition, your health condition was seemed to not be good. I hope your condition including internet will get better soon.:) Thank you for making your time today. See you soon. Take care of yourself.
Evelyn S.先生 01/18
Today I asked Kathryn-sensei to help me with one English question. Her explanation was clear enough for me to understand what I had not understood. Then she explained to me some expressions used only in England. It was very interesting to talk about such expressions.
Kathryn G.先生 01/18
Today's article was not long, but it contained many important words and expressions. So it was a very good material for me. And Max explained so kindly. Thank you very much!
Mark M.先生 01/18
 
バイリンガールひとみの海外教育(生活)体験記/イメージ・バナー2


第30回: 発音練習法 (4) 
 ( 掲載日: 2014.10.29 )

ちょっとフライングですが…
Happy Halloween!!
今月に入ってから毎週金曜日は街中仮装で溢れ返っています !
小さい子が見たらトラウマになりそうな(笑)すごくリアルなコスプレをしている方もいるので、
電車やトイレで鉢合わせると本気で驚いてしまいます(実話)。

そして、秋も徐々に深まってまいりましたが、私、大分フライングでホッカイロ使いだしてしまいました。
海外では無縁だったホッカイロ、今では大切な大切なお友達、お腹と背中に二枚ずつ、脱いだら
私すごいんです! 状態です。(笑)
冬はこれからなのにいかがなものか…

そしてそして、先日ニュースで拝見しましたが、関空の外国人利用客が日本人利用客を
上回ったとのこと。びっくりですよね。
この季節は特に京都の紅葉が綺麗なので、それを目的に日本にいらっしゃる外国人が増えて
いるのでしょうね。

日本に住んでいらっしゃる方は、小学校の修学旅行でよく京都に行かれますが、私は高校生に
なるまで一度も京都を訪れたことがありませんでした。
お恥ずかしながら、それまでお寺や歴史に全く興味がなかったんです。
友人の誘いもあって初めて京都に行き、あれだけお寺に興味のなかった私がドはまり致しまして、
高校の夏休みを利用して4年連続、友達と京都旅行に行き、お寺や神社巡りをしたものです。

ちなみに、京都といえばお寺、紅葉、古い町並み、京料理…
色々と日本を代表するものが凝縮されている街ですが、日本からのお土産で
外国人に喜ばれるものってなんだと思いますか?

扇子、お着物、お箸、和菓子…

これらももちろん喜ばれるのですが、実は…

お抹茶のキットカット! 笑

これ、1番人気なんですよ〜!

私がシンガポールに住んでいた頃も、日本人が日本に一時帰国した際や、外国人が
日本に旅行に行った際、みんな買ってくるものがお抹茶のキットカットでした。
たまに桜味を買ってくる人もいましたがそれはいまいち好評ではなく…笑
今では空港でも必ず目にするほど、日本人より外国人の需要が多いのでは?!
と思うぐらい大人気の商品です。

お抹茶は英語でGreen teaですが、海外ではお店によって”Matcha”と表記されることも
あるぐらい、海外ではお抹茶が浸透しています。
もっともっと、日本文化愛好家さん増えてほしいですね !

さてさて !
今日も発音練習法、いってみましょう !
今日の発音は”th”

いきなりですが、この2つ、日本語表記だとどうなるでしょう。

Mouse / Mouth

両方とも「マウス」となりますよね。

ではこれは?

This / That

ディス / ザットですよね。

ですがこのまま発音してしまうと、NGなんです。

“th” には、mouth / math / through のように、th が濁らない s に近い発音と、
they / then / thereのように th が濁る z、あるいは d に近い、2つの発音があります。

では、大事な口の動きをみてみましょう。

まずはよく一緒にされがちな「s」の発音から。
(これは次回 S と Sh の発音の違いのところでもっと詳しく書きます。)
まず、上下前歯を閉じます。口は少し横に開きます。
そして、舌を上下前歯の間に触れさせ息を吐いてみて下さい。
「スー」っと息の音がしませんでしたか?
それが S の音です。日本語のサ行がこれに一番近いですね。
先程の例の Mouse、これはこの s の発音でOKなのですが、Mouth までこれにしてしまうと、
ネズミのMouse と勘違いされてしまうので注意が必要です。

☆Sの舌の位置☆



さて、ここからが大事です。

Mouth / Math / Throughなどの th が濁らない音。

舌の先端を上下前歯の間に軽く挟みます。
Th が語尾についている場合、舌を挟んだまま空気を吐き出して単語を終えます。
逆にThが単語の頭についている場合、舌を挟んで発音する時に舌を引っ込めます。
両方とも、前歯と舌の間で空気を吐き出すことを忘れないでください。

☆語尾がThで終わる時の舌の位置☆



そして、This / Thatのようなthが濁る音。
舌の位置は、上記で述べたものと同様、上下前歯で舌を挟んで引っ込めます。
分かりやすく言いますと、舌を挟んで引っ込めながら、普通に「ディ」と言ってみて下さい。
濁った音が出るはずです。

☆単語がThで始まる時の舌の位置☆



発音って、言葉にして説明するのが非常に難しいなと、改めて痛感しております。
面と向かってならなんとか身振り手振りでお伝えする事もできますが、
文章でとなると、これまた大変ですね。笑

みなさんにうまく伝わっている事を願って…

次回は、実は難しい S と Sh の発音に注目してみたいと思っております。


☆先日たまたま入ったスタバが日本第1号店でした。
ホットドリンクが美味しい季節になりましたね。皆様お身体ご自愛下さい☆



<< 前の記事へ | 次の記事へ >>



エッセイ目次 ] [ TOPページ ] [ Hitomi先生のレッスン予約 ]