受講生のコメント(一覧)

I read a new article about a Novel prize winner in today's lesson. There were some words I was not familiar with and Max explained those words with excellent examples. "Roll over Bob Dylan" is a strange but very interesting expression. Max, it's so kind of you to give me feedbacks with descriptions about the vocabraries I learned. They help me better understand the vocabraries and your example sentences make me laugh! I am always looking forward to reading them. I really appreciate that. See you in the next lesson!
Mark M.先生 01/19
Thank you very much for your excellent lesson. As you spoke slowly and clearly to me, I could understood what you said well. Your explanations were easy to understand, and you led the lesson smoothly as usual. I enjoyed your lesson very much. Have a nice weekend.
Vladimir K.先生 01/19
Your lesson is always fun. Thank you so much.
Dilhara P.先生 01/19
My kids always love your lesson. I'm grad that they are getting used to reading words based on phonics rules.
Chris T.先生 01/19
Thank you for the exciting lesson, as usual. I am now “regretting” that I could have used more suitable words and phrases. I’m looking forward to talking about these variety kind of topics.
Earl J.先生 01/19
I have not taken call from teacher.
Jasmin O.先生 01/19
Today we used internet text and I practiced answering phone call. Sometime my words don't come out at all. I think this is more difficult than telling my own opinion about something. It was very good practice. Thank you!
Grozdana V.先生 01/18
The internet condition was bad. But, thank you for trying your best to talk to me. Though I could not see your live video and our connection was chopped, I could talk several topics about friends. In addition, your health condition was seemed to not be good. I hope your condition including internet will get better soon.:) Thank you for making your time today. See you soon. Take care of yourself.
Evelyn S.先生 01/18
Today I asked Kathryn-sensei to help me with one English question. Her explanation was clear enough for me to understand what I had not understood. Then she explained to me some expressions used only in England. It was very interesting to talk about such expressions.
Kathryn G.先生 01/18
Today's article was not long, but it contained many important words and expressions. So it was a very good material for me. And Max explained so kindly. Thank you very much!
Mark M.先生 01/18
 
バイリンガールひとみの海外教育(生活)体験記/イメージ・バナー2


第28回: 発音練習法 (2) 
 ( 掲載日: 2014.10.1 )

こんにちは !
海外の文化もすっかり日本では定番になり、街はすでにハロウィン色…
皆様いかがお過ごしでしょうか。
朝晩は冷え込むようになってきて、外出時の服装に戸惑います。

私は、今年はコスプレする予定はありませんが、昔はよく派手にやったものです(笑)

シンガポールに住んでいた頃、コンドミニアムの日本人数十人が集まり、お母さん達はお家でお菓子を用意して待機。
子ども達は地図を見てそれぞれのお家に順番に回って行き、”Trick or Treat!  (お菓子をくれなきゃイタズラするぞ ! )”
と言ってお菓子を大量に頂いていました。

今でもよく覚えているのが、小学校4年生のハロウィンでの事。
周りが可愛い魔女や猫ちゃんに扮装している中、私と弟は 毎日プールで泳いで小麦色に焼けていたので
それを活かして白いメイクをし、運動会で使った黄色いポンポンを頭に付けてそれを金髪と見立て、
当時日本で流行していたコギャル (こんがり肌のギャル) に大変身したわけです…

今になって可愛い仮装したかったな…なんて思い返す今日この頃。
ちなみに家でお菓子を用意して待機していた母はなんと、部屋を暗くし、即席で油性のマッキーで
顔に口裂け女の落書きをして待っていました…

そんな私にとって思い出深いハロウィン、みなさんはどう過ごされるのでしょう。

クリスマスやハロウィンなど、海外の文化がこれだけ日本に広まっているように、日本の文化もどんどん海外に
広まって行くと嬉しいですよね。

さて !
前回から始まりました 「発音練習法」

今週も何人かの生徒さんと発音の練習に重点をおいてたくさん練習しました。

今日は発音練習法の中でも大切な 「リエゾン」 についてお話させて頂きます。

前回お話したように、発音が上達するにおいてのメリットはたくさんあります。
発音が上達すれば自ずとリスニング力もアップします。
それは、実際に英語を発している時に口ごもってしまったり適当に流した単語というのは、単語を知らないか、
知っているけれど発音が分からない/慣れていないか、あるいはリエゾンに慣れていないか、という自分の弱点が
浮き出てくるからなんです。

今述べた 「リエゾン」 とは何か。
これは、通常の発音とは違う発音、つまり文字で書かれていても実際には発音しなかったり、語尾の子音を
次の単語の最初の子音として発音したりするテクニックの事です。
日本語には前後の単語の音がくっつくことってないですよね。
英語では前後の単語の音がくっつき、全く違った発音になるんです。


って言われても ??? って感じですよね。
例をご紹介します。

1. Did you ~?

ディッジュー ◎
ディド ユー ×

2. Can I have ~?

キャナイハヴ ◎
キャン アイ ハヴ ×

3. What time?

ワッタイム? ◎
ワット タイム? ×

いかがでしょう。
リエゾンを学ぶと、自然に話されている英語が非常に聞きやすくなりますし、同時にきちんとしたリズムで
発音する事が可能になります。
生きた英語にはリエゾンがたくさん含まれています。

そしてこのリエゾン習得にあたって、よくあちこちで耳にする 「これを聞くだけであなたも英語のプロに ! 」
だなんて言うのが夢のまた夢だと言う事を痛感されると思います。

きちんと自分の口で発して、正してもらって、自分のもの、いわゆる能動言語にする。
つまり、自分のものにしてしまえば何も考えず自然にすっと口から出てくるようになるんです。

リエゾン習得時に注意しなければいけない事もいくつかあります。
まず、ルールは暗記しないこと。
勉強する時にルールを確認する事は大切ですが、暗記しても実際会話している時に
その都度、思い出していられないからです。

そして、単語や熟語や表現力を増やす事。
これらの意味が理解できていない段階でリエゾンを習得しようとしてもそれは不可能です。

意味を充分に理解してから、映画やドラマ、CDなどで生きている英語を聞く ➡ 聞き取れない所があったら
スクリプトで確認 ➡ もう一度聞く ➡ 単語と音の関係を把握する ➡ リピートする ➡ 繰り返しリピートする
➡ネイティブの人に確認してもらう

リピートする時、最初からお手本と同じスピードでリピートする必要はありません。
徐々にスピードをあげていってください。

こうして自分の知っている英語がリエゾンを含むとどのような変化をもたらすのかという事が掴めるようになると、
よりネイティブに近い英語で会話する事ができるようになります。

もちろん、このリエゾンを習得するためにはまず発音を基礎から矯正してあげなければいけません。
次回は「発音」について、もっと詳しくお話させて頂きます !


☆ これぞ日本の食欲の秋。甘味処では私の大好きなお汁粉が振舞われる季節に…
とは言っても寒くなりだす前からすでに3回頂いてしまいました。笑 ☆



<< 前の記事へ | 次の記事へ >>



エッセイ目次 ] [ TOPページ ] [ Hitomi先生のレッスン予約 ]