受講生のコメント(一覧)

Thank you very much for the lesson! I enjoyed talking with you.
Samantha L.先生 01/16
I studied a lot about Philipine through the conversation. I found it more complicated than I had imagined.
Grace L.先生 01/16
I am glad to see you again! Our internet connection was chopped. Although you said sorry a lot, I know it was not your faults. I could have great lessons as always. Thank you for making your time for me. I learned the importance of adaptability in our works through the on-line material. Next, I want to read that deeply and discuss with you. I can’t wait for seeing you next. Thank you, Nix.
Evelyn S.先生 01/16
I really enjoyed studying with you.I'm looking forward to seeing you. Thank you.
Samantha L.先生 01/16
Thank you for the lesson. I really enjoyed the conversation with you. See you soon.
Joweena A.先生 01/16
Thank you for lesson today. It was difficult for me. Have a nice day.
Fenny V.先生 01/16
Thank you so much See you soon.
Beviolyne D.先生 01/16
It was a great lesson. I was really enjoying the conversation. Thanks a lot.
Luigi C.先生 01/16
Thank you very much for checking my sentences. See you next time.
Dilhara P.先生 01/16
In today's lesson sound was not clear and there was sound lag. So my son feel difficult to understand the lesson.
Evelyn S.先生 01/16
 
バイリンガールひとみの海外教育(生活)体験記/イメージ・バナー2


第27回: 発音練習法 (1) 
 ( 掲載日: 2014.9.17 )

こんにちは !
近頃はめっきり涼しくなって、ついこの間までの灼熱地獄も懐かしく思えてきた今日この頃、
皆様いかがお過ごしですか? これぐらいの気温が一番過ごしやすいですね !

さて、最近日本では約70年ぶりのデング熱の流行が騒がれていますが、今日はそのお話を少し。

デング熱は皆さんご存知の通り、熱帯地域の国で発生します。
私が育った国シンガポールもその一つで、昨年は1万2000人が感染し、4人が亡くなっています。

ですがシンガポールでは定期的にデング熱やマラリアなどの伝染病の原因となる蚊の駆除、
「ペストコントロール」が行われます。
週に1〜2回、決まった曜日に各コンドミニアムで薬の散布が行われるのですが、その際白い煙が
モクモクと撒かれます。
ただ、匂いが強烈なのでペストコントロールの日は洗濯物を全部取り込んで窓を全部締め切ら
なければいけません。

それに加え、ボウフラを発生させる原因となる水たまりを作ると法律違反と見なされます。
年に数回環境庁による ”Mosquito Check”、いわゆる抜き打ちチェックが入り、ボウフラが観測
されれば罰金が科されます。

このように、シンガポール政府は蚊の駆除に非常に積極的なので、他の熱帯東南アジア国に
比べ蚊の量は少ないと言われています。

これだけ薬を撒いて人間の体に影響はないのか、という心配もありますが、日本ももう少し危機感を
持って早めの対策が必要なのではないかと思わずにはいられません。
ニュースで命に別状はない、という報道もされていましたが、実際海外では亡くなっている方も
たくさんいます。もっと厳しく徹底的に対処して頂きたいものです。

さて、今回からは数回に渡り、「発音」についてお話させて頂こうと思っております。

よく耳にするのが、

「日本人は英語の発音が苦手だ」
「ジャパニーズイングリッシュだ」

生徒さんにもご自身の発音をコンプレックスに感じていらっしゃる方が多くいらっしゃると思います。
実際、私のレッスンで発音を中心に鍛えたいというご要望もたくさんありますし、中には発音よりも
文法の方が大事だから、と発音練習を避けてきた方もいらっしゃいます。

でも、発音ってすっごく大事なんです !
変な話、海外では多少文法を間違えていても発音が綺麗だと「お、この人英語話せるんだ」と思われる
事も多々あり、逆に文法は完璧なのに発音がなっていないと見下されてしまう事もしばしば。
これが現状だったりするんです。

でもそれは、日本での英語教育がいかにテストで正確な英文を書くか、という所に重点をおいている
からであって、発音が間違っていても成績に響かないため読み書きにフォーカスした学習法になって
しまうからなんです。

そもそもなぜ日本人がジャパニーズイングリッシュになってしまうのか。

① 日本語では使用しない発音があるから
② 日本語は語尾を母音で伸ばすから
③ 口/唇/舌の使い方が日本語と違うから

たしかに英語を聞いていると、なんだ今の舌を丸めるような発音、なんだ今の日本語では形容しがたい発音…

そんな「日本語では形容しがたい発音」が多く含まれている英語。

確かに苦手意識を感じてしまいますよね。
でも心配しないでください。
発音はコツさえ掴めば誰でもできるようになります。

そして、発音が上達することにより自ずとリスニングスキルも磨かれていきます。
英語には日本語に存在しない音がたくさんありますが、英語と日本語では根本的に音が違うという事を
まず理解する事、極端に言ってしまえば英語の発音をカタカナで表記しないという事。
カタカナで読んでも外人に通じる発音もありますが、間違いなく通じない発音も存在します。

なるべく早い段階で1から発音矯正をしてあげること。
発音矯正はシャドイング (Shadowing)、いわゆる英語を聞きながら復唱する練習法で1人でする事も
可能ですが、私は発音矯正は必ずネイティブの方に矯正してもらったほうがいいと考えています。
なぜかと言うと、シャドイングももちろん1人の時間を利用してできる素晴らしい練習法ですが、自分が
復唱している発音が正しいかどうか、練習段階で自己判断するのは非常に厳しいと思います。
なので、土台を作る時はぜひ発音が綺麗な方に矯正して頂いてください。

長くなりましたが、次回は発音練習法をご紹介させていただきます !
お楽しみに(*^^*)


☆月島のもんじゃ焼き。実は高校を卒業して大学に入学するまで半年間あったので、シンガポールの
お好み焼き&もんじゃ焼き屋さんでバイトしていたんです。ヘラさばきはおまかせあれ ! 笑 ☆



<< 前の記事へ | 次の記事へ >>



エッセイ目次 ] [ TOPページ ] [ Hitomi先生のレッスン予約 ]