受講生のコメント(一覧)

It was so intereting and useful lesson today! Thank you very much!
Carmela N.先生 07/25
Thank you!!!!
Ferdinand N.先生 07/25
Thank you for the lesson today. It was our first lesson. And we had a good review and practice. Your lesson was fun! See you next time:D
Ashley W.先生 07/25
Thank you sooooo much for your class today ! I really enjoyed it. I asked him to correct my CV writing today, which may not sound too exciting, but actually I had really a good time throughout the class. Most of the time was spent on the correction, but I was still able to feel his nice and warm personality which made me feel so secure and comfortable. Thank you very much again for your class, I am looking forward to seeing you again.
Robert A.先生 07/25
Roseli is one of our favorite teachers. I like the way she teaches English to my sons. Clear pronunciation, detailed explanation, easy to understand for kids, encourageing them all the time. I do appreciate your all works and we'll see you tomorrow!
Roseli I.先生 07/25
I have enjoyed our conversation as usual. Thank you very much.
Mark M.先生 07/25
とても有意義なレッスンでした。回線がやや不安定で、音声が途切れることがありました。
John A.先生 07/25
I could enjoy his lesson. think very good teacher!
Gabriel L.先生 07/24
Thank you very much for point out about article. I am going to practice it. Impromptu conversations with him were so productive that I learnt a lot.
John K.先生 07/24
Thank you. I really enjoyed your class.
Maverick B.先生 07/24
 
バイリンガールひとみの海外教育(生活)体験記/イメージ・バナー2


第14回: 論文の書き方 (4) 
( 掲載日: 2014.3.19 )

みなさんこんにちは。いかがお過ごしですか ?
もう3月ですね〜。1月は行く、2月は逃げる、3月は去る、なんてうまいこと言いますが、小学生の頃初めて
この言葉を耳にした時、なるほどな〜 と妙に納得したものです。

先週3月11日。東日本大震災からちょうど3年が経ちました。
当時私はシドニーにいてニュースで知りました。

私は5歳の時に阪神大震災を経験しています。
たくさんの方々に助けて頂いたご恩を少しでもお返しするべく、高校生の頃から災害があった地域に
必ず募金活動や支援物資を寄付してきました。

シドニーでも大学の日本人を集めてボランティア活動を始めました。ただ大学や市内で募金活動をするには
政府の許可が必要で、そこからのスタートだったのですが、最終的に赤十字を通して集まった募金を日本に
届けることができました。

その時のサイトがこちらです。 http://taketombousyd.wordpress.com

遠くにいるから私たちにできることは祈る事しかないと思っていた人も多かったです。
ですが遠くにいるからこそできる事を見つけ、一人一人の気持ちが、微力が集まれば何かできるのではないかと。
そんな思いで募金活動を続けました。

ちなみに3月11日は、Yahooで「3.11」と検索すると10円が寄付されるというシステムになっていたので、
私も検索しました。

被災していない私が多くを語ることはおこがましくてできませんが
忘れてはいけない日を、今も苦しんでいる人がいる事を、そして今もこれからも被災地で暮らし続ける人が
いる事を、決して風化させず、少しでも何かをし続ける事が大切なんだなと改めて思い返した1日でした。

被災地の1日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。


さて、論文のフォーマットの 〆 といきましょうか !
前回の plagiarism のおそろし〜いお話、覚えていますか ? 笑
それを回避するための大切なルールがこちらです。

Bibliography / Reference.

論文や脚注で使われ参考にした全ての研究論文や図書の一覧の事です。
より緻密な論文を書くためには先行研究の文献資料を収集する事が大切で、
論文の質は参考文献を見るだけで分かるという教授もいるほど重要になります。
つまり、参考文献が多ければ多いほどその論文の作成においてかなりの労力を費やしたという事が
伺われるんです。
( もちろん使われた資料にもよります。「〜丸わかり ! 」「易しい〜」なんてハウツー物が並んでいると
減点間違いなしです。)

参考文献のフォーマットはその専攻分野によって異なりますが、必ずそれぞれのスタイルに忠実に
従って掲載する必要があります。
基本的に著者の Family name のアルファベット順です。( 同一著者の場合は西暦順 )

論文
名字・名前(出版年). 題名. 学会誌名, 巻, ページ

例:
Jablensky, A., McGrath, J., Herrman, H., Castle, D., Gureje, O., Morgan, V., & Korten, A. (1999).
National Survey of Mental Health and Wellbeing. Bulletin 1.
People Living with Psychotic Illness: An Australian Study 1997-98. An overview.
Canberra: Mental Health Branch, Commonwealth Department of Health and Aged Care.


書籍
名字・名前 ( 出版年) タイトル. 出版地: 出版社.

例:
Kinnear, K. L. (1999). Single Parents: A Reference Handbook. Santa Barbara, CA: ABC-Clio.

ちなみに、文中の引用は読者が参考文献を参照するためのもので、こちらも重要です。

著者や論文全体の見解を引用する場合は、著者名と出版年のみを提示。
例: ( Kinner, 1999 )

引用する箇所が特定できる場合は、著者名、出版年、引用ページを提示。
例: ( Atkinson, 1997, p. 552 )


これ、簡単そうに見えて実は1番厄介なんです。
とにかくめんどくさい !! この一言に尽きます。(笑)
参考文献が多ければ多いほど大変ですし、使った文献を探すのがこれまた一苦労…最後にまとめて
やろうとすると痛い目を見ます。
なので私は 文献のタイトル、著者名、ページ数と自分の書いた論文に同じ番号を振って
見つけやすいようにしていました。
あるいは文献を使った時に先にReferenceを書いてしまう !
長い論文を書き終えた後にシャパシャパする目を擦りながら、最後の力を振り絞って文献探しを
するなんて地獄図想像してみてください。
私は一度経験してから二度とするもんかと思い ( 明け方泣きじゃくりながらやりました ) 慎重になりました。

論文のフォーマットでもお話しましたが、形式が決まっているものは形式に従ってさえ書けば
減点されないわけです。
ここで減点なんて本当にもったいないので、とにかく忠実に従うしかありません。
教授によっては参考文献一つ一つに目を通すありえない強者もいるので (笑) 、ごまかしがききません。

と、そんな感じでとりあえず論文の形式についてはここまで。
まだまだ writing でお役に立てる内容をお届けして行きます。
そして次回はスラングについてもお話していくので、楽しみにしていてくださいね !


☆ 神戸に住んでいた頃 – 2歳のわたし。こんな可愛い時代があったんです、私にも。笑 ☆


☆ シンガポールで出会った5歳からの親友。この時期多忙でストレスが溜まりやすいですよね。
     私たちの唯一のストレス発散法 ( stress relief ) が写真をみて頂いてもお分かり頂けるように、
     ひたすら喋って食べて飲んで爆笑すること ! 常に目がないぐらい笑ってます。… ☆



<< 前の記事へ | 次の記事へ >>



エッセイ目次 ] [ TOPページ ] [ Hitomi先生のレッスン予約 ]