受講生のコメント(一覧)

I read a new article about a Novel prize winner in today's lesson. There were some words I was not familiar with and Max explained those words with excellent examples. "Roll over Bob Dylan" is a strange but very interesting expression. Max, it's so kind of you to give me feedbacks with descriptions about the vocabraries I learned. They help me better understand the vocabraries and your example sentences make me laugh! I am always looking forward to reading them. I really appreciate that. See you in the next lesson!
Mark M.先生 01/19
Thank you very much for your excellent lesson. As you spoke slowly and clearly to me, I could understood what you said well. Your explanations were easy to understand, and you led the lesson smoothly as usual. I enjoyed your lesson very much. Have a nice weekend.
Vladimir K.先生 01/19
Your lesson is always fun. Thank you so much.
Dilhara P.先生 01/19
My kids always love your lesson. I'm grad that they are getting used to reading words based on phonics rules.
Chris T.先生 01/19
Thank you for the exciting lesson, as usual. I am now “regretting” that I could have used more suitable words and phrases. I’m looking forward to talking about these variety kind of topics.
Earl J.先生 01/19
I have not taken call from teacher.
Jasmin O.先生 01/19
Today we used internet text and I practiced answering phone call. Sometime my words don't come out at all. I think this is more difficult than telling my own opinion about something. It was very good practice. Thank you!
Grozdana V.先生 01/18
The internet condition was bad. But, thank you for trying your best to talk to me. Though I could not see your live video and our connection was chopped, I could talk several topics about friends. In addition, your health condition was seemed to not be good. I hope your condition including internet will get better soon.:) Thank you for making your time today. See you soon. Take care of yourself.
Evelyn S.先生 01/18
Today I asked Kathryn-sensei to help me with one English question. Her explanation was clear enough for me to understand what I had not understood. Then she explained to me some expressions used only in England. It was very interesting to talk about such expressions.
Kathryn G.先生 01/18
Today's article was not long, but it contained many important words and expressions. So it was a very good material for me. And Max explained so kindly. Thank you very much!
Mark M.先生 01/18
 
バイリンガールひとみの海外教育(生活)体験記/イメージ・バナー2


第12回: 論文の書き方 (2)  ( 掲載日: 2014.2.19 )

みなさん、こんにちは !

東京では2週続けて大雪、ホワイトバレンタインでしたね。
私は人生初の雪合戦と雪だるま作りを経験できて大はしゃぎでした !
雪が顔に当たると痛いとか、路面が凍結すると滑るとか、改めて冬に関して無知な自分にショックを受けましたが…笑
ちなみに、雪の日に行ったお鍋屋さんの店員さんが青森出身の方で、「これぐらいの雪は青森では
普通なので私今日傘持ってきてませんよ〜」と涼しげな顔で仰っていて、雪国にお住まいの方は強いなとビックリ。
皆さんも外出の際は気をつけてくださいね。

バレンタインと言えば、日本では女性が男性にチョコレートをプレゼントする習慣がありますが、海外は逆。
男性が女性にスイーツかバラをプレゼントします。私は毎年自分が食べたいスイーツを大量に作っては
周りに押し付けていましたが (今年はティラミスを作りました ! もちろん私が食べたかったから。笑)
恋人が外国人という女の子達はバラを片手にドレスアップしてディナーへ、というケースが多いです。
そしてシドニーに住んでいた時にずっとおかしい ! と思っていたのが、普段完全海外生活に馴染んで
生活している日本人男子も、この日ばかりは日本方式に従って大人しくチョコレートを待っている事。(笑)
そして毎年決まってもの申したいと思うのが、バレンタインはこんな大々的に盛り上がるイベントなのに、
ホワイトデーの存在感の薄さったら… !
男性の皆さん、ホワイトデーはちょうど1ヶ月後です ! お忘れなく !! (笑)

とまぁ愚痴はここまでにして、前回の論文の書き方の続きに入りましょう。

前回は Introduction の書き方で、 Introduction はただ単にその論文の大間かなまとめを述べれば
いいのではなく、 主題、意見、支持文などをしっかり組み入れないといけないという事をお話しました。

今日は Body Paragraph (本論) を書く際においてのルールをお教えします。

それぞれの段落には前回お話したTopic sentence (段落のまとめ) が必要となり、Introductionで
述べた Thesis statement (論文全体のまとめ) と全ての Topic sentence の整合性がとれていれば、
その論文は論理的に一貫性が保たれているという事になります。

法則としては、その段落で言いたい事を Topic sentence として第一文に置き、それを具体的に言い換えるか、
または具体例を交えて話を膨らませ展開させていきます。
ここで大切なのが、具体的な詳細を Topic sentence の次の文章に託すという事を頭に置いておき、第一文では
あえて抽象的に書くという事です。
(ちなみに、1文目のTopic sentence は general statement、2文目はmore specific statement と呼ばれます。)

筆者の意見を求められる論文では、自分の意見をそのまま述べるのではなく、反対意見を数行取り入れること
によって偏った意見でなく両方の意見を十分に考慮したことが伝わり、説得力のあるものになります。

論文のBody は、簡単に言うと具体例を効果的に使用し議論を展開させる段落です。
ここで大切なのが、Unity と Coherence というルールです。

Unity は、一つの段落において一つの本旨しか述べる事ができないというルール、つまり、Topic sentence で
本旨をサポートする具体的なアイディアを述べ、Supporting sentences (支持文) で述べられた抽象的な表現を
具体的に説明していく、 という構成になります。

Coherence というのは、論文は複数の文章と段落で構成されますが、その文と文、段落と段落を論理的に繋げる
というルールです。
これには内容はもちろん、Transition words (転換語、いわゆる Therefore, Hoever, But など) を用いて論旨の流れを
明確にかつ確実に次の段落へ繋げる事が必要です。
これがなければまとまりのない断片的な論文になってしまうので注意しましょう。

これをどの段落でも同じ形式で構成していき、Body 1, Body 2, Body 3…と繋げて行き、ボディ全体を完成させます。

と、色々細かいルールを説明してきましたが、結局、エッセイだけでなく話すときも同様、いかに順序良く簡潔に
クリアに相手に伝えられるか。そこが大切ですよね。
それにはもちろんフォーマットだけでなく、語彙力や文法も大切になってきますが、そのお話はまたそのうち。
もう少しフォーマットのお話にお付き合いください。

ちょっと長くなってしまったので、今回は Academic writing のお話はやめておきます。
次回はConclusion の書き方などなど。

みなさん、寒さに気をつけてくださいね !


☆雪をかぶった東京駅☆


☆次の朝には壊されてしまった私の力作雪だるま☆


☆こういうの見るとテンションあがります…! 笑☆



<< 前の記事へ | 次の記事へ >>



エッセイ目次 ] [ TOPページ ] [ Hitomi先生のレッスン予約 ]