受講生のコメント(一覧)

Thank you!!!!
Ferdinand N.先生 07/25
Thank you for the lesson today. It was our first lesson. And we had a good review and practice. Your lesson was fun! See you next time:D
Ashley W.先生 07/25
Thank you sooooo much for your class today ! I really enjoyed it. I asked him to correct my CV writing today, which may not sound too exciting, but actually I had really a good time throughout the class. Most of the time was spent on the correction, but I was still able to feel his nice and warm personality which made me feel so secure and comfortable. Thank you very much again for your class, I am looking forward to seeing you again.
Robert A.先生 07/25
Roseli is one of our favorite teachers. I like the way she teaches English to my sons. Clear pronunciation, detailed explanation, easy to understand for kids, encourageing them all the time. I do appreciate your all works and we'll see you tomorrow!
Roseli I.先生 07/25
I have enjoyed our conversation as usual. Thank you very much.
Mark M.先生 07/25
とても有意義なレッスンでした。回線がやや不安定で、音声が途切れることがありました。
John A.先生 07/25
I could enjoy his lesson. think very good teacher!
Gabriel L.先生 07/24
Thank you very much for point out about article. I am going to practice it. Impromptu conversations with him were so productive that I learnt a lot.
John K.先生 07/24
Thank you. I really enjoyed your class.
Maverick B.先生 07/24
Today's lesson, I introduced myself to Steph san. I wasn't able to explain my situations, but Steph san suggested how to learn English at many ways. Thanks so much Steph san. See you next.
Steph H.先生 07/24
 
バイリンガールひとみの海外教育(生活)体験記/イメージ・バナー2


第6回: オーストラリアの大学事情 (1)
  ( 掲載日: 2013.12.25 )

MERRY CHRISTMAS EVERYONE!
皆さん、クリスマス満喫されていますか?

私は生まれて初めて雪を見る事ができて、非常に感激しております。(笑)
小学生だった頃雪にブルーハワイや抹茶のシロップをかけて食べるというのが夢だった事を思い出しました。
先日電車の中で雪を見てはしゃいでいたのは私と幼稚園ぐらいの男の子だけだった事に少々驚きましたが、
そんなものなのでしょうか?(笑)

さて、今日は大学のお話をさせて頂こうと思っております。
前回お話したように、IBの2年間+最終試験の全成績が大学のApplication(願書)になるのですが、
まず私がオーストラリアを選んだ経緯を少し。

小学校の頃の夢は、福祉関係の仕事に就く事でした。
以前お話したようにおじいちゃんおばあちゃんっ子だったので、お年寄りとお話する事が好きだったのです。
でも中学校に入ってから心理学に興味が沸き出し、学校帰りに紀伊国屋(シンガポールにもあるんです!)によって、
心理学の本を立ち読みして帰ったりしました。

それで、老人ホームにはボランティアで行くとして、カウンセラーを目指そうと決意したのがきっかけでした。
独学で心理学の勉強を始め、高校に入学してIBの科目を選択する際に、たまたまUWCにはPsychology(心理学)の
授業があったのですが、専門的で難しい科目のためFirst Language(母国語)が英語の生徒でないと選択する事ができず、
先生に大学で心理学を学びたいからどうしても今から勉強したいという旨を伝え、許可が下りました。心理学を勉強しつつ、
どこの大学で心理学を勉強するのがいいか調べていると、オーストラリアとアメリカが強いという事が分かりました。
そして、授業、教授、治安面などを考慮した上でオーストラリアを選び、中でも心理学に力を入れている5つの大学を
受験しました。

【受験した大学】
University of Sydney
University of Melbourne
Monash University
University of Queensland
Bond University

無事全ての大学からOffer(合格通知)を頂き、Monash Universityを選んだのです。
オーストラリアの大学は2月の終わり〜3月から始まります。日本とは季節が真逆なので夏の終わり頃ですね。
Monash Universityはオーストラリアの”Group of Eight”(研究重点8大学)に属する大学で、メルボルン内に
6つのキャンパスを構えています。
私が通ったキャンパスは1番田舎のGippsland Campusで、メルボルン市内から電車とバスを使って
3時間半かかる所にありました。

周りは山と牧場しかなく、よく言えば自然豊かでのどかな所、でもとてもじゃありませんが
そんなのんきな事を言えるような所ではなく、本当になんっにもない所でした。
しかもその年はGippslandで大規模の山火事があり、私が到着した日も白煙がもくもくと…とんでもない所に
来てしまったという思いと、これからどうなるんだろうという不安で、初日は一緒に来てくれた母と大号泣した事を
覚えています。母は母で、こんな所に娘を置いて行くのかと、帰国する時は辛かったと言っていました。

そんなこんなで私の大学生活+初めての寮生活が始まりました。
寮はマンションタイプではなく一軒家タイプで、1ハウス8人、一人一部屋でキッチンとシャワールームはシェア。
みんな留学生なので同じ不安と期待を抱えやってきているので、すぐに打ち解け、本当の家族の様に仲良くなれました。
ごはんが多めにできたらおすそわけ、リビングルームでの団欒、田舎なのでパーティー以外する事がないので
週2、3回のペースでパーティー。
そして朝は牛の鳴き声で目が覚めて大学へ。
寮から大学へも歩いて5分程度。
みんなよくパジャマで授業に行っていました。(笑)

授業自体は、Lecture (講義)+ Tutorial(少人数クラスでの授業)に別れていて、全てAttendance(出席)がとられ、
2回授業にでないと自動的にFail(不合格)になります。
ただし、Official Report(公式なレポート、例えばお医者さんからのレポート)があれば免除されます。
家が大学から近いと便利、という人も多いですが、私は逆に気が緩んでしまって授業ギリギリまで寝ても大丈夫〜♪
なんて余裕ぶっていたら痛い目を見た事が数回ありました…

元々人見知りをしない性格なので、気づいた時には最初の不安は消えており、田舎は田舎なりに、
そこでしか楽しめない事を見つけ、毎日が楽しくてしょうがなくなっていました。
ちなみにそこのキャンパス、日本人は私だけだったので英語が伸びる伸びる。(笑)
それも一つのアドバンテージでした。

ですが、体調を崩してしまい、そんな田舎では治療する事もできないので、やむを得ずシンガポールへ帰国。
そして半年休んで、Monash Universityのシティーキャンパスへtransfer(転学)するつもりだったのですが、
手続きで色々あり、結局Monash Universityを辞める事になりました。

そして、5つオファーを頂いていた大学全て蹴っていたつもりが、たまたまUniversity of Sydneyだけ
蹴り忘れていたのが不幸中の幸いで(私の適当さが伺えます。笑)、転入する事ができたのです。


今日はクリスマスですし、少し短めにしておきましょう。(笑)
次回はUniversity of Sydneyでの学校生活をお伝えしますね。

それではみなさん、良いクリスマスを!



☆ 大学寮の写真 ☆


☆寮と大学の周りの景色(1)☆


☆ 寮と大学の周りの景色(2) ☆



<< 前の記事へ | 次の記事へ >>



エッセイ目次 ] [ TOPページ ] [ Hitomi先生のレッスン予約 ]