受講生のコメント(一覧)

I read a new article about a Novel prize winner in today's lesson. There were some words I was not familiar with and Max explained those words with excellent examples. "Roll over Bob Dylan" is a strange but very interesting expression. Max, it's so kind of you to give me feedbacks with descriptions about the vocabraries I learned. They help me better understand the vocabraries and your example sentences make me laugh! I am always looking forward to reading them. I really appreciate that. See you in the next lesson!
Mark M.先生 01/19
Thank you very much for your excellent lesson. As you spoke slowly and clearly to me, I could understood what you said well. Your explanations were easy to understand, and you led the lesson smoothly as usual. I enjoyed your lesson very much. Have a nice weekend.
Vladimir K.先生 01/19
Your lesson is always fun. Thank you so much.
Dilhara P.先生 01/19
My kids always love your lesson. I'm grad that they are getting used to reading words based on phonics rules.
Chris T.先生 01/19
Thank you for the exciting lesson, as usual. I am now “regretting” that I could have used more suitable words and phrases. I’m looking forward to talking about these variety kind of topics.
Earl J.先生 01/19
I have not taken call from teacher.
Jasmin O.先生 01/19
Today we used internet text and I practiced answering phone call. Sometime my words don't come out at all. I think this is more difficult than telling my own opinion about something. It was very good practice. Thank you!
Grozdana V.先生 01/18
The internet condition was bad. But, thank you for trying your best to talk to me. Though I could not see your live video and our connection was chopped, I could talk several topics about friends. In addition, your health condition was seemed to not be good. I hope your condition including internet will get better soon.:) Thank you for making your time today. See you soon. Take care of yourself.
Evelyn S.先生 01/18
Today I asked Kathryn-sensei to help me with one English question. Her explanation was clear enough for me to understand what I had not understood. Then she explained to me some expressions used only in England. It was very interesting to talk about such expressions.
Kathryn G.先生 01/18
Today's article was not long, but it contained many important words and expressions. So it was a very good material for me. And Max explained so kindly. Thank you very much!
Mark M.先生 01/18
 
バイリンガールひとみの海外教育(生活)体験記/イメージ・バナー2


第5回: シンガポールのインターナショナル・スクール事情 (3)
  ( 掲載日: 2013.12.18 )

みなさん、こんにちは! いかがお過ごしですか?
街はクリスマスムード真っ只中でウキウキしますね!
私は相変わらず、というか更にホットカーペットにへばりついて外に出るのが億劫になっているのですが…笑

さて、前回の記事では私がいかに文系かという事がお分かり頂けたと思いますが、 私の高校時代は
勉強一色というわけではありませんでした。
前回お話したように、私が取得したIBの教育課程では、CAS (Creativity, Action, Service)、
いわゆる教科外活動も必須でした。これが日本でいう部活動に当てはまるのだと思います。
これを、2年間で最低150時間成し遂げなければ卒業資格がもらえません。

Creativity(創造性): 芸術や創造性が磨かれる活動。
例えば、クワイヤーに参加、楽器や絵画を習う、卒業アルバム制作委員、募金活動など。

Action(運動) : スポーツ。

Service(サービス): ボランティア活動。

私はCreativityでは5歳から習っていたピアノを続け、クワイヤーにも参加し、有名歌手がパフォーマンス
を行うEsplanade、通称ドリアンドームで行われたコンサートにも参加しました。募金活動も、自然災害を
受けた国があればその都度学校内で行い、募金に限らず物資支援活動も行いました。

スポーツは、これもまた5歳から習っていたスイミングを。そして日本人の男の子達と野球チームを作り、
CASにカウントしようとしていたのですが、これは練習を2回しただけで終わってしまったのでノーカウント…(笑)
今でもそのメンバーで飲みにいくのですが、野球チームが一瞬でも存在した事、誰も覚えていないのでは
ないでしょうか、話題に上った事は一度もありません。(笑)

そして私が個人的に力をいれていたServiceでは、たくさんのボランティアを経験させて頂きました。
まず、Cooking Class(料理教室)。ただのお料理教室ではなく、学校や家庭で事情があり、通常の学校に
通えない生徒が寮に入って通う学校の生徒と週1ペースでお料理をするボランティアです。
何かしら問題を抱えた生徒が集まっているので、初めは目も合わせてくれず、お料理どころではありませんでした。
お料理の最中に喧嘩が勃発したこともあります。ですが、慣れてくると名前を覚えて挨拶をしてくれ、次第に
笑顔が増え、最後の教室ではまだ続けたい!と言ってくれた生徒もいました。私たちが変に意識して
気を遣っていたのが馬鹿らしくなるぐらい、皆私たちとなんの変わりもない、普通の子どもだったのです。

もう一つ心に残っているボランティアは、ホスピスでのボランティアでした。
昔シンガポールは日本に占領されていた時期があります。
そのため、シンガポーリアンのお年寄りはいまだ日本人をよく思わない方も多いのが現状です。
私は小さい頃からおじいちゃんおばあちゃんっ子で、よく曽祖父母のお見舞いに老人ホームにも訪れていました。
それもあって、ホスピスでのボランティアに立候補したのです。

初めはただおじいちゃんおばあちゃんのお手伝いができれば、という気持ちだったのですが、
その気持ちだけで勤まるお仕事ではありませんでした。英語が通じない事も多々あったので、
何を必要とされているのかを理解するのに戸惑ったり、お手伝いしようとしても日本人だと分かった
瞬間追いやられたり。

一番辛かったのは、先週いたおじいちゃんおばあちゃんが次の週にはいない、というのが日常茶飯事だった事。
昔はこうだったのよ、あなたも頑張りなさい、なんて片言の日本語で素敵なお話をして下さったおばあちゃんが
いなくなった時は、本当にショックでした。

最後にSchool trip(卒業旅行)のお話を少し。
IBでは卒業旅行というよりはCASの一環で、一定のbudget(予算)の中で、4〜5人のグループで行き先、宿泊先、
フライト全てを管理し、CASの活動を行います。
バジェットが決まっているのでもちろん綺麗なホテルになんて泊まれませんし、ヨーロッパへ旅行!なんて
楽しいものではありません。

カンボジア、インドネシア、インドへ行ったグループもありました。
私のグループはアメリカ人、韓国人、日本人×2の女の子4人グループで、オーストラリアのダーウィンへ行きました。
Eigoxでのレッスン中にもダーウィンへ行った事があるというと「何でダーウィン?!」と驚かれるのですが(笑)
シンガポールから行った私たちですら参ってしまうほどの暑さでした。(笑)

私たちのグループはCASのCとSにカウントされる、アボリジニ(オーストラリアの原住民)の学校で勉強を
教える事が目的だったのですが、この旅行では色んな苦い思い出があります…まず学校の寮に泊まらせて
頂いたのですが、クーラなし、シャワーは外で共同、虫だらけ!大の虫嫌いの私は、コオロギがゴキブリにしか見えず、
部屋にコオロギが現れる度大号泣。

虫除けスプレーで退治しようとしたぐらい訳が分からなくなっていました。(笑)
2−2に別れて外にシャワーを浴びに行っていたのですが、私とペアだった女の子が部屋で待っている間、友達が
眠ってしまい、そのタイミングでコオロギ出現。。私の泣き声がシャワールームにまで響いていたらしく、シャワーを
浴びていた2人がバスタオルを巻いて駆けつけてくれ、爆睡している友達を叩き起こし、「なんでひとみが泣いているのに
あんたは寝てるんだ!」と喧嘩になり学校中の騒動になりました。はい、私が悪いんです。(笑)

別の日には、あまりに暑かったのでプールに行った際、アメリカ人の子だけプールに入っていたのですが、
私ともう一人の日本人の子も入りたくなり、着替えに部屋に戻ったらそのまま爆睡してしまい、目が覚めたら
日が暮れていて大喧嘩になったり…はい、これも私が悪いんです。(笑)

そんな事もありながら、アボリジニの生徒に毎日勉強を教え、先生方の子どもの子守りをし、ラスト2日は観光地に
連れて行ってもらい、Crocodile burger(ワニバーガー)を食べたり、海で熱射病になったり(笑)、てんやわんやの
修学旅行でした。

こんな経験、きっとインターナショナルスクールならではなのでしょう。
今思い返すと非常にいい思い出ばかりなのですが、当時は神にすがる思いでした…と、今回も長くなって
しまいましたが、思い出を語りだすときりがない高校生活でした。
次は大学生活−オーストラリア編に参りましょう!


☆ ダーウィンの写真(1) ☆


☆ダーウィンの写真(2)☆


☆ ダーウィンの写真(3) ☆



<< 前の記事へ | 次の記事へ >>



エッセイ目次 ] [ TOPページ ] [ Hitomi先生のレッスン予約 ]