受講生のコメント(一覧)

Thank you!!!!
Ferdinand N.先生 07/25
Thank you for the lesson today. It was our first lesson. And we had a good review and practice. Your lesson was fun! See you next time:D
Ashley W.先生 07/25
Thank you sooooo much for your class today ! I really enjoyed it. I asked him to correct my CV writing today, which may not sound too exciting, but actually I had really a good time throughout the class. Most of the time was spent on the correction, but I was still able to feel his nice and warm personality which made me feel so secure and comfortable. Thank you very much again for your class, I am looking forward to seeing you again.
Robert A.先生 07/25
Roseli is one of our favorite teachers. I like the way she teaches English to my sons. Clear pronunciation, detailed explanation, easy to understand for kids, encourageing them all the time. I do appreciate your all works and we'll see you tomorrow!
Roseli I.先生 07/25
I have enjoyed our conversation as usual. Thank you very much.
Mark M.先生 07/25
とても有意義なレッスンでした。回線がやや不安定で、音声が途切れることがありました。
John A.先生 07/25
I could enjoy his lesson. think very good teacher!
Gabriel L.先生 07/24
Thank you very much for point out about article. I am going to practice it. Impromptu conversations with him were so productive that I learnt a lot.
John K.先生 07/24
Thank you. I really enjoyed your class.
Maverick B.先生 07/24
Today's lesson, I introduced myself to Steph san. I wasn't able to explain my situations, but Steph san suggested how to learn English at many ways. Thanks so much Steph san. See you next.
Steph H.先生 07/24
 
バイリンガールひとみの海外教育(生活)体験記/イメージ・バナー2


第3回: シンガポールのインターナショナル・スクール事情 (1)
  ( 掲載日: 2013.12.4 )

みなさんこんにちは! 日本にお住まいの皆さん、急激に寒さが増してきましたが
お風邪などひかれていませんか? 私はホットカーペットの住人になっています。(笑)

今日はシンガポールの学校についてお話をする前に、母から送られてきたシンガポールの
クリスマス・イルミネーションの写真を少し! クリスマスといっても、シンガポールは真夏なのですが…

Christmas1 Christmas3
christmas4
christmas1


そんな真夏のイルミネーションが堪能できるシンガポールには、前回お話したように様々な人種の人
が住んでいます。そのためたくさんの学校が存在するのですが、日本人学校に関して言えば、幼稚園、
小学校、中学校、高校までが揃っています。ただ日本人大学がないためほとんどの生徒は日本人高校
に入学し、日本の大学を目指します。

ローカルの学校は日本人学校とは全く違い、朝早くから夕方まで勉強漬け。
公園で夜遅くまで遊んでいるのは私たち日本人しかいないと言っても過言ではないぐらい、
シンガポール人の子供は勉強し、眼鏡をかけている子供がたくさんいた事を覚えています。

私は日本人小学校を卒業した後、どうしても英語を勉強したく、オーストラリアに留学したいという夢
があったので中学校からインターナショナル・スクールに通うようになりました。シンガポールの
インターナショナル・スクールにはたくさんの人気校があり、何千人というウェイト・リストがある学校
もあります。

私は中学と高校、別のインター校に通いました。元々英語は好きでしたが、初めは全く! 英語が話せません
でした。精々自己紹介や、基礎的な挨拶ぐらいです。 よく日本語だけの環境から英語だけの環境のポンッ
と飛び込めたなと、今考えると恐ろしい限りです…初日はド緊張していた事を覚えています。

どこの学校にも外国人に対する言語特別指導「ESL」というクラスがあり、私が中学で入学した学校
にはレベルが1?3まであり、そこをクリアして初めてネイティブの生徒がいるクラスに入れるという
システムになっていました。

幸いその中学は非常にアットホームで、「褒めて伸ばす!」という、私にはピッタリの学校だったので
すぐに溶け込めました。(笑)

宿題や授業で分からない事があると、休み時間や放課後を使って熱心に教えて下さる先生や、
個人的にどうしたら英語が伸びるのか相談した際、交換日記を始めましょうと言って下さった先生
もいて、毎日数行の日記を書いて渡すと、その日の内に文法や単語の間違いを訂正して、お返事
を書いて返してくれる、などなど、今の私の英語の基礎を作ってくれたのがこの中学校でした。

英語が楽しいと感じさせてくれ、外人の友達がたくさんできて楽しくなればなるほど英語が上達
していきました。英語に限らず、興味を持ち「楽しい」という気持ちが上達させてくれると言う事は、
一理あると思います。楽しいからもっと英語が話せるようになりたい、そのためには努力を惜しまない。
毎日辞書を片手に、英語との戦いでした。

ここで一つ私が学んだ事を。たまにめんどくさいと思いながらも、分からない単語はきちんと調べ、
単語帳を作っていた時期がありました。単語、発音記号、意味、例文を自分で作って書いていました。
ですが、途中で気が付いたのです。単語帳を作って満足していた事に…

単語帳は、確かに覚えなければいけない単語が明確になりますが、単語が機械的に並んでいるので
印象に残りづらく、自分が覚えている単語と覚えていない単語が混在しています。つまり、
単語の意味だけ丸暗記するという事は、その言葉通り単語をそのまま頭に詰め込んでいるだけ。

これは短期的にテスト勉強には効果的ですが、長期的な暗記効果に期待はできません。
そして、単語の意味だけを暗記すると、その単語の使い方が身につかず、応用が効かなくなります。
例えば「Go=行く」という動詞を暗記しても、どう文章にするか分からなければ覚える意味がありません。
I go to school. He goes to school. 単語はあくまで文章の一部に過ぎず、文中での単語の役割や、
単語の変化の意味を理解し、覚えた単語を実際に使えて初めて身に付いた事になります。

英単語を覚える方法はたくさんあります。

「意味記憶」今お話した言葉の意味についての暗記方法。

「エピソード記憶」体験や出来事についての記憶。例えば”Shall we dance?” や”I’ll be back”など、
有名な映画の台詞を覚えている方は多いと思います。これがまさにエピソード記憶です。

「プライミング」あらかじめある事柄を見聞きしておき、別の事柄に影響を与える方法。
例えば、梅干しという言葉を聞いてすっぱさを思い出すような、いわば連想ゲームみたいなものです。

単語を覚える事において大切なのは記憶を定着させる事です。覚えた単語を定着させる為には、
「繰り返す」事が重要になります。いくつかの単語を覚えて、少し間を置き再度記憶する、
というプロセスを繰り返すことにより、記憶の定着率がアップします。

…という事を大学で心理学を学んでいた時に、脳や記憶のメカニズムで学びました。(笑)
もっと早く知りたかった…

私のレッスンを受講して下さる生徒さんからよく「日本語話せるんですか?」「どうすればそんなに英語
がネイティブレベルになるんですか?」という質問を頂きます。これを読んで頂いても分かるように、
日本語はもちろん話せます!(笑)

英語が今のレベルに達するまで、私も皆さんと同じ道を辿りました。
今後数回に渡って、私の高校時代の経験も踏まえ、どの勉強法が効率的だったか、失敗談や苦労
した事などなど、シェアして行きたいと思っております。お付き合い頂けると幸いです。


<< 前の記事へ | 次の記事へ >>



エッセイ目次 ] [ TOPページ ] [ Hitomi先生のレッスン予約 ]